MD松尾のゲームヒットランキング:2020年TSUTAYA年間1位は「あつ森」 「FF」「桃鉄」も

「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)
1 / 1
「あつまれ どうぶつの森」(任天堂)

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている松尾さんが、年間ランキング(2020年1月1日~12月23日)を基に、2020年のゲーム市場を振り返った。

 ◇

 2020年のTSUTAYAの年間ランキングでトップを飾ったのは、「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」(NS、任天堂)でした。圧倒的な売れ行きで首位を獲得。2位には「ファイナルファンタジー7 リメイク」(PS4、スクウェア・エニックス)、3位には「桃太郎電鉄(桃鉄) ~昭和 平成 令和も定番!~」(NS、コナミデジタルエンタテインメント)が入りました。

 「あつ森」はコミュニケーションツールとしての用途が、ヒットした要因だったと考えています。これまでももちろん人気のシリーズでしたが、ネットワークにつながることで「人に見せる」「見て楽しんでもらう」という要素が強くなり、ゲーム性が広がったといえるでしょう。

 また、最近のゲームでは珍しく、攻略本がものすごく売れたタイトルでもありました。お友達の家にあった家具やお気に入りの家具を探すという用途での需要が大きかったようです。家具の見た目は分かるけど名前が分からないといった時に、ネットでの検索はとても難しいため、カタログ的にも見やすい紙の攻略本の需要が高まったといえるでしょう。さらに、発売後現在に至るまで定期的にゲーム内イベントを行っており、それも売り上げに貢献したと思います。

 「ファイナルファンタジー7 リメイク」も非常に売れて、PS4本体もものすごくけん引したのですが、供給が追いつかず欠品しました。往年のファンが多かった印象で、まだ序盤の話ということで懸念がなかったわけではないのですが、大ヒット。美しいグラフィックでのリメークを待ち望んでいたユーザーが多かったということだと分析しており、次回作以降にも期待が持てそうです。

 年末商戦の主役となった「桃鉄」は、シリーズ最高の大ヒットを記録しています。発売週はシリーズのファンが中心だったのですが、翌週から年齢層が大幅に若返り、老若男女を問わず大きなムーブメントになりました。YouTubeでのプレー動画も売り上げに貢献していると考えています。「あつ森」同様に本体の同時購入率も高いのですが、ライトも売れた「あつ森」と異なり、こちらは統合機中心の販売となっています。

 2020年のゲーム市場を売り上げの面で振り返ると、前年比120%に迫る高実績でした。特にハードが好調で、ソフトは去年をやや上回るぐらいで落ち着きました。去年が悪すぎたというのもあるのですが、スイッチが売れたおととしも上回っています。

 月別でみると好調の理由が顕著に出ています。正直なところ3~6月の売れ行きが全ての理由だといえます。特に3、4、5月はいずれも前年の倍もの売り上げとなっています。2月から上昇傾向にはあったのですが、3月に発売された「あつまれ どうぶつの森(あつ森)」(NS、任天堂)で大爆発しました。加えて4月には「ファイナルファンタジー7 リメイク」(PS4、スクウェア・エニックス)も発売、5、6月も「あつ森」、7月は「あつ森」に加え「Ghost of Tsushima」(PS4、SIE)もヒットと、前半の快調ぶりが目立ちました。もちろん巣ごもり需要があることは否定しないのですが、決して何でも売れたワケではありません。「あつ森」の人気と巣ごもり需要の相乗効果があったということだと思います。

 また家庭用ゲーム機が見直された一年だったともいえます。スマホゲームで遊んでいた回帰ユーザーに加え、新規ユーザーも入ってきてくれました。ネットワークで遊べるミニゲーム集「世界のアソビ大全51」(NS、任天堂)がうれたのもこういったライトユーザーのエントリーによるものだったといえるでしょう。

 PS5が発売された年でもありましたが、まだまだこれからという印象。まずは供給を何とかしていただきたいというのが正直なところです。PS4と互換性があるので、PS4の人気作を遊んでいるユーザーがとても多い印象。事実、PS4の中古ゲーム市場が活況で、品薄のタイトルも多いですね。ただし、コントローラーは本当に素晴らしい出来ですし、ソフトがそろってくれば大きく動くでしょう。

 2020年は「あつ森」のおかげでネットワークにつないで、人と遊ぶ楽しさが多くの方に知れ渡った年でした。町中でもゲームに関する会話をよく耳にした印象で、ゲームを楽しんでくれるユーザー層の広がりを肌で感じることができました。

 そして、来年は何といっても「モンスターハンターライズ」(NS、カプコン)に期待しています。というのも、今年「あつ森」などで入ってきた新規ユーザーは次のタイトルを買い続けてくれている傾向が強く、ここに「モンスターハンターライズ」が来ることで、既存のゲーマー層も巻き込んで大いに活気づくと考えています。PS5もソフトもでてきて本格的なスタートを切れるでしょうし、好調な一年になることを期待しています。

 ◇2020年ゲーム販売ランキング(2020年1月1日~12月23日)

 1位 あつまれ どうぶつの森(NS)
 2位 ファイナルファンタジー7 リメイク(PS4)
 3位 桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~(NS)
 4位 リングフィットアドベンチャー(NS)
 5位 Ghost of Tsushima(PS4)
 6位 Minecraft(NS)
 7位 スーパーマリオ 3Dコレクション(NS)
 8位 マリオカート8 デラックス(NS)
 9位 ピクミン3 デラックス(NS)
 10位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(NS)
 11位 世界のアソビ大全51(NS)
 12位 ポケットモンスター ソード(NS)
 13位 龍が如く7 光と闇の行方(PS4)
 14位 ポケモン不思議のダンジョン 救助隊DX(NS)
 15位 ペーパーマリオ オリガミキング(NS)
 16位 eBASEBALLパワフルプロ野球2020(NS)
 17位 ゼルダ無双 厄災の黙示録(NS)
 18位 BIOHAZARD RE:3 Z Version(PS4)
 19位 The Last of Us Part II(PS4)
 20位 ポケットモンスター シールド(NS)

 ※参考 2019年ゲーム販売ランキング

 1位 ポケットモンスター ソード(NS)
 2位 キングダム ハーツIII(PS4)
 3位 ポケットモンスター シールド(NS)
 4位 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(NS)
 5位 New スーパーマリオブラザーズ U デラックス(NS)
 6位 BIOHAZARD RE:2 Z Version(PS4)
 7位 スーパーマリオメーカー 2(NS)
 8位 モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション(PS4)
 9位 Minecraft(NS)
 10位 「ポケットモンスター ソード・シールド」ダブルパック(NS)
 11位 ルイージマンション3(NS)
 12位 SEKIRO:SHADOWS DIE TWICE(PS4)
 13位 ファイアーエムブレム 風花雪月(NS)
 14位 ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(NS)
 15位 マリオカート8 デラックス(NS)
 16位 ペルソナ5 ザ・ロイヤル(PS4)
 17位 プロ野球スピリッツ 2019(PS4)
 18位 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(PS4)
 19位 デビル メイ クライ 5(PS4)
 20位 妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている(NS)

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る