三石琴乃:セーラームーンは「同志」 がむしゃらな新人時代振り返る 

「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベントの様子
1 / 11
「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベントの様子

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(前編・1月8日公開、後編・2月11日公開)のイベントが1月6日、東京都内で無観客で開催され、スーパーセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃さんら声優陣が登場した。三石さんは「自身にとってのセーラムーンは?」と聞かれ、「同志ですね。1990年代の時は新人だったので、がむしゃらに大きな声でせりふをしゃべっていて、とんちんかんな力の入れ具合がうさぎちゃんに合っていたんだろうなと思います」と振り返った。

 三石さんは「セーラームーンを見ていたちびっ子たちが大きくなって、いろいろな敵と戦っていると思うと、とにかく思いを込めれば元気がない人にも伝わるんじゃないかと思ってうさぎちゃんを演じてきた」と思いを語った。新作劇場版については「キラキラとかときめきとか、セーラー戦士たちの切なさ、苦悩、それを打ち破る強さとか、宝石がぎゅっと詰まったような映画になっていると思います」と表現した。

 イベントには、スーパーセーラーマーキュリー/水野亜美役の金元寿子さん、スーパーセーラーマーズ/火野レイ役の佐藤利奈さん、スーパーセーラージュピター/木野まこと役の小清水亜美、スーパーセーラーヴィーナス/愛野美奈子役の伊藤静さん、スーパーセーラーちびムーン/ちびうさ役の福圓美里さん、セーラー戦士たちの前に立ちはだかるラスボスである、デッド・ムーンの女王・ネヘレニアを演じた菜々緒さんも登場した。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1991~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、第4期「デッド・ムーン編」を前後編で描く。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がける。原作者の武内さんが監修する。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る