新田真剣佑:「がんちゃん」呼びを提案 映画「名も無き世界のエンドロール」で岩田剛典と初共演

映画
映画「名も無き世界のエンドロール」の完成報告会見に登場した新田真剣佑さん(左)と岩田剛典さん

 俳優の新田真剣佑さんが1月7日、東京都内で行われた映画「名も無き世界のエンドロール」(佐藤祐市監督、1月29日公開)の完成報告会見に主演でダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典さんらと登場。岩田さんとは一度面識はあったが共演は初という新田さんは、「クランクインして間もないころ『すいません、岩田さん、“がんちゃん”と呼んでもいいですか』ということを言わせていただいて」と親密になるための提案をしたエピソードを紹介。「それ以降は、ずっと“がんちゃん”と呼ばせていただいているんです」と笑顔で明かした。

 岩田さんは、初共演となった新田さんの印象を聞かれると「メディアで見るイメージまんま。すごく明るくて天真爛漫(らんまん)なイメージだなと思いました」とコメント。新田さんとは撮影を通して兄弟のような感覚になれたといい、「(新田さんが)人懐っこい弟、じゃないけど……そんなふうに関係が築けたと思う」とうれしそうな表情で語っていた。

 会見には山田杏奈さん、中村アンさん、佐藤監督も出席。山田さんが今月8日に二十歳の誕生日を迎えることを祝って、岩田さん、新田さんからサプライズでケーキをイメージしたバースデーフラワーがプレゼントされる場面もあり、山田さんが「全然気づかなかったです。(今日が誕生日の)前日だから、と思っていたけど、誰もあまり言ってくれなくて、ちょっと寂しいなと思っていたところで(笑い)。うれしいです」と喜ぶと、岩田さんは「いかに隠すかの一日でした」と冗談めかしてにっこり。新田さんは「いろんなことに挑戦して失敗を恐れずにがんばってください。応援しています」とエールを送っていた。
 
 映画は行成薫さんの同名小説(集英社)が原作。親がいないという共通点を持つキダ(岩田さん)とマコト(新田さん)は幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチ(山田さん)も加わり、3人は支え合いながら共に成長していった。しかし、20歳の時にある事件が起こり、数年後、キダは裏の社会に潜り込み“交渉屋”として暗躍。マコトは表の社会で貿易会社社長としてのし上がっていく。2人は大切な幼なじみへの思いを胸に、自らの運命を変えた不条理な世の中に復讐(ふくしゅう)するため、10年の歳月を費やして“ある計画”を企てていた……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る