BiSHアイナ・ジ・エンド:香取慎吾主演ドラマ「アノニマス」でOP担当 「今の葛藤を曲に」 Paraviオリジナルストーリーも

テレビ
1月25日スタートの連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」でオープニングテーマを担当する「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさん (C)「アノニマス」製作委員会

 “楽器を持たないパンクバンド”とも呼ばれる人気グループ「BiSH」のアイナ・ジ・エンドさんが、香取慎吾さん主演で1月25日スタートの連続ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」(テレビ東京、月曜午後10時)のオープニングテーマ(OP)を担当する。OPはアイナさん書き下ろしの新曲「誰誰誰」に決定した。

 ドラマは、警視庁が試験的に新設した専門の対策室「指対」を舞台に、万丞渉(ばんじょう・わたる、香取さん)ら出世コースから外れたクセモノばかりのメンバーたちが顔の見えない犯罪者=アノニマスを見つけ出し、指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく……というストーリー。

 ドラマのテーマがインターネットの誹謗(ひぼう)中傷などキーボードによる“殺人”=指殺人であることを踏まえ、アイナさんは「みんなが優しい気持ちになれる世界になりますように。もう誰も消えてしまいませんように。そんな今の葛藤を曲に落とし込んでみました。『アノニマス』が始まるのを、私もとても楽しみにしています! ドラマと一緒に曲も楽しんでいただけたらうれしいです」と語った。

 また、同ドラマのオリジナルストーリー「アノニマチュ!~恋の指相撲対策室~」が、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、本編の初回放送終了後に独占配信される。オリジナルストーリーでは、清水尋也さん演じる「警視庁指殺人対策室」のメンバー・四宮が、関水渚さん扮(ふん)する同僚の咲良を振り向かせるべく、“強い男”になろうと奮闘する姿が描かれる。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る