杉田智和:「無職転生」前世の男への複雑な思い 寝間着!?で語る

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」に出演する杉田智和さん
1 / 3
「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」に出演する杉田智和さん

 小説投稿サイト「小説家になろう」で人気のライトノベルが原作のテレビアニメ「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~」が1月10日からTOKYO MXほかで放送されている。原作は“なろう系”ラノベのパイオニアとも言われる人気作。主人公は、34歳無職の男性が異世界に転生した男の子、ルーデウス・グレイラット(ルディ)。杉田智和さんが転生前の“前世の男”を演じていることも話題になっている。杉田さんに「無職転生」への思いを聞いた。杉田さんは前世の男をイメージした寝間着姿(?)で現れ……。

 ◇並行宇宙の自分が浮かび恐怖

 「無職転生」は、34歳無職の男性が家を追い出され、トラックにひかれて死んでしまうが、剣と魔法の異世界で生まれ変わり、前世での知能や後悔を生かし、新たな人生が動き始める……というストーリー。MFブックス(KADOKAWA)で書籍化され、コミカライズも展開されている。アニメは、「ゲーマーズ!」などの岡本学さんが監督を務め、WHITE FOXとEGG FIRMが設立したスタジオバインドが制作する。ルディ役の内山夕実さんのほか、小原好美さん、加隈亜衣さん、茅野愛衣さんらが声優として出演する。

 杉田さんは「無職転生」の出演が決まった際、「私はこの前世の男のことを責められない。嘲笑を浴びせることも、つらいね、大変だねと声をかけることもできない。笑えないんだ」と複雑な思いを明かした。このコメントに込めた思いとは……。

 「最初に浮かんだのは、並行宇宙の自分。恐怖しました。自分の未来が語りかけてくるんです。お前も並行宇宙の前世の男だったのかもしれないぞ!と。今の人生でよかった。でも、並行宇宙の自分を否定できない。だからこそ、かわいそう、分かるよ、頑張って!のいずれも当てはまらない。距離の置き方が難しいけど、大切な作品だと思いました。ただ、見てね!面白いよ!というわけにいかず、演じさせていただくので、姿勢や立ち位置を考えました」

 いわゆる異世界転生アニメはこれまでもたくさん放送されてきた。意外にも杉田さんが異世界転生アニメにメインキャラで出演するのは初めてといい、「勝手に自分には縁がないジャンルと思っていました。チャンスをいただけるのは、うれしいですが、怖かったです。自分に合うかが分からなかったので」と感じているという。“なろう系”ラノベのパイオニアとも言われる「無職転生」は、杉田さんの目にどう映ったのだろうか?

 「転生して全部リセットして、理想が全て手に入るものではない。何かを導いてくれる女神様が現れるわけではないですし、何もない状態で他者や神は何かを与えてくれない。転生した、そこからどうする?と考えないといけない。天才とは?と考えた時、生き方、努力の方法が最速で思いつき、それに向かって素直に力を注いで、努力する人。ルーデウスは、天才ではある。前世への恨みがあるが、復讐(ふくしゅう)するわけではない。仲間にも恵まれてよかったです」

 ◇内山夕実と複雑なキャッチボール

 前世の男のせりふは、ほぼモノローグだ。杉田さんは演じるにあたり、ルディ役の内山さんの演技を強く意識した。

 「転生後のルーデウスとの呼吸が大事です。転生後の声を聞きながら、そこをいつも以上に意識しないといけない。複雑なキャッチボールをしないといけませんでした。コロナ禍ではありますが、第1話で内山さんと一緒に収録できてよかったです」

 杉田さんはこの日、寝間着姿で現れた。「実際に着ているものです。ジャージーでもないな? 役への向き合い方として寝間着で行くのが、きょうの自分は正解かもしれない」と自前の寝間着を用意した。

 杉田さんの役への向き合い方は実に誠実だ。アニメを楽しみにしているファンへのメッセージをお願いすると、悩んだ末に「いつも以上に難しいです。前世の男は言いたいことがあるのかな? きっと前世の男なら『ない!』って言うけど、どう考えてもあるんですよ。『見てほしくない』とも言うかもしれません。でも、見てください。優しい心で見てくれる方がいらっしゃるとうれしいです」と語る。

 最後に今年の抱負を聞いてみると、悩みに悩んで「自己評価の高い人間だったらよかったんですけど」と前置きした上で「リスクを意識しながら、誠実に生きていくだけですね。昨年は会社を立ち上げたので、維持をしないといけない。プライベートは案外地味ですよ」と話してくれた。

 「無職転生」は、杉田さんの誠実な演技も大きな見どころだ。“優しい心”でじっくり見てみたい。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る