蒼井翔太:“セーラームーン”三石琴乃を前にド緊張 フィッシュ・アイ役に「感動」「鳥肌」「幸せ」

「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベント「アマゾン・トリオナイト」の様子
1 / 1
「美少女戦士セーラームーンEternal」のイベント「アマゾン・トリオナイト」の様子

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(今千秋監督)前編の公開記念舞台あいさつが1月15日、東京都内で無観客で開催され、スーパーセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃さん、敵のアマゾン・トリオのフィッシュ・アイ役の蒼井翔太さんら声優陣が登場した。蒼井さんは同シリーズへの思いを「物心ついた時から人生と共にあった作品」と明かした。三石さんとは、この日初めて会って話したといい、「きょうはすごい緊張しています」と話した。

 蒼井さんは「セーラームーン」シリーズの中でもフィッシュ・アイが最も好きなキャラクターといい、「役をやらせていただくと決まった時は夢のようで……。感動で体中に鳥肌が立ったことを覚えています」と振り返り、「演じられて幸せだなと思いました」と語った。

 この日は「アマゾン・トリオナイト」と題して、蒼井さん、タイガーズ・アイ役の日野聡さん、ホークス・アイ役の豊永利行さんのアマゾン・トリオのキャストが集結した。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1991~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第4期「デッド・ムーン編」を前後編で描く。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がける。原作者の武内さんが監修する。前編が1月8日に公開された。後編が2月11日に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る