中村倫也:初エッセー集で作家デビュー ファーストキスの思い出から自粛期間中の孤独まで赤裸々に

エッセー集「THE やんごとなき雑談」で作家デビューする中村倫也さん
1 / 2
エッセー集「THE やんごとなき雑談」で作家デビューする中村倫也さん

 俳優の中村倫也さんが、初のエッセー集「THE やんごとなき雑談」(KADOKAWA)で作家デビューすることが1月22日、明らかになった。エッセーでは、モテたくて仕方なかった学生時代、クラスメートに突然奪われたファーストキスの思い出、「誰にも必要とされていないのか」とコンプレックスを抱えていた日々、2020年の自粛期間中の孤独などが赤裸々につづられている。

 「THE やんごとなき雑談」は、雑誌「ダ・ヴィンチ」の2018年11月号~2020年11月号に掲載された中村さんの連載に書き下ろしを加えて書籍化したもの。中村さんは、同書のロゴや挿絵も自ら制作した。

 中村さんは「この2年間、僕個人の生活の中で感じた本音とやらを、できるだけ丁寧につづってみた。つまり言い逃れのできないこれらは、恥部中の恥部だ。そんなものが世に出るなんて……。しかし恥ずかしい時はあえて大声を出すと相場は決まっている。だから声高らかに言おう。買ってくだしゃい!! お願いします!!!」とコメントを寄せている。

「THE やんごとなき雑談」は3月18日発売。価格は1200円(税抜き)。200ページ。

写真を見る全 2 枚

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る