工藤阿須加:小芝風花の妹思いの兄役 “実際の兄”としての経験が生きる  「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」

連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演している工藤阿須加さん
1 / 5
連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」に出演している工藤阿須加さん

 1月23日からテレビ朝日の「土曜ナイトドラマ」枠で放送中の連続ドラマ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」(毎週土曜午後11時)に出演している俳優の工藤阿須加さん。女優の小芝風花さん扮(ふん)する主人公・清水萌子美(もこみ)の兄の俊祐を演じている。俊祐は殻にこもりがちな妹を心配する、妹思いの優しい兄。自身も妹3人、弟1人の5人きょうだいの長兄である工藤さんは、実際の経験が役にも生きているという。「家族といる時間が僕自身、本当に心が癒やされます。家族のありがたみを作品で表現できたら」と話す工藤さんに話を聞いた。

 ◇

 「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~」は、幼少の頃よりぬいぐるみや植物の気持ちが分かる“不思議な感覚”を持つため、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきた萌子美が、さまざまな経験を通して成長していく姿や、家族の再生を描くヒューマンホームドラマ。工藤さん演じる萌子美の兄・俊祐は、妹思いで、営む花屋も常連客がたくさんいるなど近隣の人々に親しまれ、友人たちからも信頼されており、よく相談事をされるが、実は人には決して明かせない一面を持っている……という役どころだ。

 妹に優しい俊祐だが、工藤さんも「きょうだいのためなら自分の時間を削れる」と話すほど、弟妹思いの兄だ。「昔から本当にきょうだい仲は良くて、それぞれ仕事を始める前までは、誕生日はどんな予定があっても絶対に予定を空けて家に帰っていました!」とにっこり。多忙な父親の代わりに、弟や妹の卒業式にも全て工藤さんが出席したという。

 そんなきょうだいの存在が、今回の役作りのヒントになっていると話す工藤さん。「家族とはいえ、きょうだい一人一人、個性も性格も違うので、それぞれへの話し方も違ってくるんです。妹たちのおかげで、萌子美に対する話し方や接し方の引き出しはたくさんあると思います」といい、「第1話で萌子美が部屋に閉じこもって、俊祐が声をかけるシーンでは、閉じこもった妹の部屋に入っての声のかけ方だったり、トーン、話し方などは兄としての経験が参考になりましたね」と振り返った。

 俊祐は周囲の人物から愛される一見明るい好青年だが、実は人に言えない秘密も抱えている。工藤さんに自身も仲のよいきょうだいに秘密にすることはあるか、と尋ねると「自分は結構話しますね(笑い)」という答えが。「でも、必ずしも秘密を言えるから良い関係性だとは思っていなくて、相手を傷つけるようなことであった場合は言わない方が思いやりにもなりますし、自分は言える秘密だからこそ言っている部分はありますね」と語った。

 そういった“人を思いやる気持ち”も今作のテーマになっているという工藤さん。「ぬいぐるみや植物の気持ちが分かる萌子美のような、これまでの自身の価値観だったり、固定観念をくつがえすような人と出会った時に、それを受け入れることが果たしてできるか、台本を読みながら考えていました」と語る。「そんな許容だったり、人を思いやる気持ちを役を通して改めて学んでいきたいです」と意気込んだ。

 実は1年ほど前から、家族もののホームドラマをやりたいと話していたという工藤さん。今年30歳、友人も結婚し、家庭を持ち始めた。「そんな友人たちから温かい日常や物語を聞いたり、家庭を持ったゆえの苦悩を聞いたりしていると、いいなって(笑い)。父親役というよりか、大きな枠で家族の温かみを伝えられるドラマをやってみたいと思っていました」という。「自分にとっては節目の年。また新たな扉が開くかもしれないという高揚感はありますね!」と笑顔で話してくれた。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る