三石琴乃:“セーラー10戦士”集結に興奮 「テンション上がっています!」

「美少女戦士セーラームーンEternal」の完成報告会見の様子
1 / 6
「美少女戦士セーラームーンEternal」の完成報告会見の様子

 武内直子さんの人気マンガが原作のアニメ「美少女戦士セーラームーン」シリーズの新作劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」(今千秋監督)後編の完成報告会見が1月29日、東京都内で行われ、エターナルセーラームーン/月野うさぎ役の三石琴乃さんら声優陣が登場した。会見には“セーラー10戦士”の声優陣が集結し、冒頭、三石さんは「念願の全員集合ということで、とてもテンションが上がっています!」と興奮気味にコメント。同作のテーマにちなみ「夢」について聞かれると「まだ夢の途中、という状態ですね」とほほ笑み、「おばあちゃんになるまでこのお仕事ができたらいいな、と……まだ夢の途中です」と思いを語った。

 同じく「夢」を聞かれたエターナルセーラーちびムーン/ちびうさ役の福圓美里さんは「おばあちゃんになるまで、死ぬその前の日まで、声優でいたい(笑い)。そのまま倒れて死んでもかまわないですし……」と話し、「今回“ちびうさ”という可愛らしい役をやらせていただいてますが、私も(渡辺直美さんが声を務めた)ジルコニア様のような“戦うおばあちゃん”に声をあてられるような声優になりたいなと思っております」と語った。

 福圓さんは今作でのちびうさの成長について「今までのシリーズは自分のコンプレックスと向き合うシーンが多かったけど、今回は大好きな人のため、第三者の相手のために行動して、傷ついても、自分のことより相手のこと、というふうに頑張るシーンが多い」と説明し、「親の気持ちで『がんばれー』と、脳みその片方で応援していました」と心境を明かしていた。

 会見の最後に、三石さんは今作の魅力を「夢を追いかけている方にとってはたくさんエネルギーをチャージしてくれるものになっているし、立ち止まっている方も背中をポンと押してくれる、パワーをもらえるものになっていますし、元気がない人にとっても前を向ける、元気がもらえるような映画になっています」と説明。「映画の中のセーラー戦士も敵キャラたちも、キラキラと自分の人生をめいっぱい生きている登場人物ばかりで、そんなキャラクターに触れれば元気が出ると思いますので、ぜひご覧になっていただければうれしいです」と語っていた。

 会見には、エターナルセーラーマーキュリー/水野亜美役の金元寿子さん、エターナルセーラーマーズ/火野レイ役の佐藤利奈さん、エターナルセーラージュピター/木野まこと役の小清水亜美さん、エターナルセーラーヴィーナス/愛野美奈子役の伊藤静さん、エターナルセーラーウラヌス/天王はるか役の皆川純子さん、エターナルセーラーネプチューン/海王みちる役の大原さやかさん、エターナルセーラープルート/冥王せつな役の前田愛さん、エターナルセーラーサターン/土萠ほたる役の藤井ゆきよさんも登場。ゲスト声優としてセーラー戦士たちの前に立ちはだかる女王・ネヘレニア役の菜々緒さん、ジルコニア役の渡辺さんも出席した。

 「美少女戦士セーラームーン」は、1991~97年に少女マンガ誌「なかよし」(講談社)で連載された人気マンガが原作で、テレビアニメも同期間に放送された。ドジで泣き虫な月野うさぎが、愛と正義の美少女戦士に変身し、仲間の戦士たちと活躍する姿が描かれている。

 劇場版アニメ「Eternal」は、「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第4期「デッド・ムーン編」を前後編で描く。第3期「デス・バスターズ編」に引き続き、今千秋さんが監督を務め、「美少女戦士セーラームーン」「美少女戦士セーラームーンR」などのキャラクターデザイン、作画監督を担当してきた只野和子さんがキャラクターデザインを手がけ、原作者の武内さんが監修する。前編が1月8日に公開され、後編は2月11日に公開される。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る