鬼滅の刃:進研ゼミコラボの漢字計算ドリル無償提供 60万冊に拡大 2日で30万人申し込み

「鬼滅の刃」と「進研ゼミ小学講座」がコラボした漢字計算ドリル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
1 / 6
「鬼滅の刃」と「進研ゼミ小学講座」がコラボした漢字計算ドリル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 ベネッセコーポレーションは、人気アニメ「鬼滅の刃」と通信講座「進研ゼミ小学講座」(同)がコラボした漢字計算ドリルの無償提供を先着60万冊に拡大することを2月16日、発表し、特設サイトで申し込み受け付けを開始した。同社は、1日に全国の小学生を対象に漢字計算ドリルを無償提供することを発表し、申し込み受け付けを開始。当初は先着12万人の送付を予定していたが、申し込みが殺到したため、先着60万人に送付することになったという。

 「鬼滅の刃」コラボの漢字計算ドリルは、2月1日に特設サイトで申し込み受け付けを開始してから、約14時間で申し込みが12万人に達し、急きょ提供を先着30万人へ拡大。2日には、申し込みが累計30万人に達し、受け付けを終了した。その後も、保護者から「子供が『鬼滅の刃』のドリルで勉強したがっているので、なんとか送ってほしい」といった要望があり、提供数を拡大することになったという。

 「鬼滅の刃」とコラボした漢字計算ドリルは、「炭治郎が人を守る」「猪突猛進」など同作に関連した例文、例題で漢字の読み書き、計算などを勉強できる。今年4月から小学2~6年生になる人には「『鬼滅の刃』漢字計算ドリル」、小学1年生になる人には「『鬼滅の刃』シール」が送られる。ドリルを申し込んだ人の中から抽選で9人に、キャラクターをデザインしたけん玉「『鬼滅の刃』全集中!けん玉9連」がプレゼントされる。

 ドリルの無償提供は、「子供たちが大好きな『鬼滅の刃』とコラボレーションした漢字計算ドリルで、今年度のうちに理解不足を補い、新学年で好スタートを切ってほしい」という思いから実施されることになった。当初は会員のみに配布予定だったドリルの一部を再編集し、会員以外にも提供する。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る