ゆるキャン△:3月に実写スペシャル放送 “リン”福原遥らの年末年始描く シーズン2は4月1日から

(C)ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会
1 / 4
(C)ドラマ「ゆるキャン△」製作委員会

 あfろさんの人気マンガを女優の福原遥さん主演で実写化し、2020年1月期に放送された連続ドラマ「ゆるキャン△」(テレビ東京ほか)のスペシャルドラマが放送されることが2月18日、明らかになった。3月29日午後11時6分から放送される。

 また、シーズン2の放送開始日が4月1日に決まり、3人組パンクバンド「LONGMAN」が、前作に続きシーズン2も主題歌を担当することも発表された。主題歌のタイトルは「Hello Youth」。

 「ゆるキャン△」は女子高生たちがキャンプをしたり、日常生活を送ったりする様子を緩やかに描く。テレビアニメも放送された。ドラマは原作に可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影している。

 今回のスペシャルドラマでは、ソロキャンプが趣味の女子高生・志摩リン(福原さん)が年内最後のソロキャンとして静岡で年越しをすると決める。一方、大垣千明(田辺桃子さん)、犬山あおい(箭内夢菜さん)、鳥羽美波(土村芳さん)は初日の出を見に行こうとする。各務原なでしこ(大原優乃さん)はアルバイトにいそしんでいた。皆それぞれの年末年始を過ごす中、静岡でのんびりキャンプを満喫していたリンにある電話がかかってくる……という展開。

 LONGMANは2期連続で主題歌を務めることについて「第1期に続き第2期も担当させていただけてめちゃくちゃうれしいです!」と喜びを語り、「Hello Youth」については「この曲は楽しさだけじゃなく、どこか胸がキュッとする感じが、『ゆるキャン△』にもマッチするのではないかと思っています。このドラマと一緒に LONGMAN の『Hello Youth』も楽しんでいただければうれしいです!」とコメントしている。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る