尾野真千子:石井裕也最新作「茜色に焼かれる」で主演 前向きに歩もうとする母親役

映画「茜色に焼かれる」の出演者(C)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
1 / 1
映画「茜色に焼かれる」の出演者(C)2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ

 女優の尾野真千子さんが、映画「舟を編む」(2013年)や「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」(2017年)などの作品で知られる石井裕也監督の最新作「茜色に焼かれる」で主演を務めることが2月26日、分かった。時代に翻弄(ほんろう)される一組の母子を描く内容で、逆風を受けながらも前向きに歩もうとする母親・田中良子を演じる尾野さんは「私は、このたび、どうにもやりにくいこの世の中で、映画の登場人物たちが戦うように私ももがき、あがき、力の限り戦ってみました。どうぞごらんください」とコメントを寄せている。

 また、2017年公開の「ミックス。」などで知られる和田庵さんが13歳の息子・純平、片山友希さんが純平が憧れを抱く良子の同僚・ケイ、オダギリジョーさんが交通事故で命を落とす夫・陽一、永瀬正敏さんが良子とケイを見守る風俗店の店長役で出演することも発表された。

 今作について、石井監督は「今回は堂々と愛と希望をテーマにして映画を作りました」と述べ、「尾野真千子さんがその身体と存在の全てを賭して見事に『愛と希望』を体現しています。尾野さんの迫力とエネルギーに心地よく圧倒される映画になっていると思います。尾野さんの芝居に対する真摯(しんし)な姿勢には心から敬服していますし、共に映画を作れて、とても幸せに思っております」と語っている。

 映画「茜色に焼かれる」は5月21日公開。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る