DJ松永:吉田羊の担当編集者役でテレ東4月期ドラマ出演 物語の鍵握る人物、後半から登場

連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する「Creepy Nuts」のDJ松永さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会
1 / 5
連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」に出演する「Creepy Nuts」のDJ松永さん(C)「生きるとか死ぬとか父親とか」製作委員会

 ヒップホップユニット「Creepy Nuts」のDJ松永さんが、女優の吉田羊さんと俳優の國村隼さんのダブル主演で4月期に放送される連続ドラマ「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)に出演することが分かった。吉田さん扮(ふん)する主人公・蒲原トキコの担当編集者・今西を演じる。今西が登場するのはドラマの後半で、物語の鍵を握る人物になるという。

 ドラマは、ラジオパーソナリティーやコラムニストなどとして活躍し、女性からの支持を集めるジェーン・スーさんの同名の著書(新潮社)が原作。愛嬌(あいきょう)はあるが自由奔放な70代の父と、父に振り回される40半ばの中年の娘のおかしくて、ときどき切ない家族の愛憎物語を描く。ある日、父についてのエッセーを連載することになる主人公・トキコ(吉田さん)の父を國村さんが演じる。

 DJ松永さんは、「オファーをいただいたとき、きっとせりふは一言二言だろうと思っていましたが、まさかあんなにしっかり役を与えてくださっていたとは思いませんでした。いろいろご迷惑をお掛けしつつも、撮影をご一緒した方や、スタッフさんに助けられながら、やらせていただきました! 皆さんぜひご覧になってください~!」とコメントを寄せた。

 ドラマには、バンド「SCOOBIE DO」のドラマーのオカモト“MOBY”タクヤさん、お笑い芸人のヒコロヒーさん、お笑いトリオ「トンツカタン」の森本晋太郎さんの出演も発表された。トキコがパーソナリティーを務めるラジオ番組のディレクター・中崎をオカモトさん、番組の音響担当・遠山をヒコロヒーさん、番組の構成作家・近田を森本さんがそれぞれ演じる。

 「生きるとか死ぬとか父親とか」は、4月9日からテレビ東京の深夜ドラマ枠「ドラマ24」(金曜深夜0時12分)で放送される。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る