Vivy - Fluorite Eye’s Song-:種崎敦美、福山潤がAIに WIT STUDIO制作のオリジナルアニメ

「Vivy - Fluorite Eye’s Song-」のビジュアル(C)Vivy Score/アニプレックス・WIT STUDIO
1 / 1
「Vivy - Fluorite Eye’s Song-」のビジュアル(C)Vivy Score/アニプレックス・WIT STUDIO

 「甲鉄城のカバネリ」「進撃の巨人」などのWIT STUDIOが制作するオリジナルテレビアニメ「Vivy - Fluorite Eye’s Song-(ヴィヴィ-フローライトアイズソング-)」に声優として種崎敦美さん、福山潤さんが出演することが2月27日、分かった。種崎さんは史上初の自律人型AIのヴィヴィ、福山さんは100年後の未来からヴィヴィの元にやってきたAIのマツモトをそれぞれ演じる。エザキシンペイさんが監督を務め、loundraw(ラウンドロー)さんがキャラクター原案、高橋裕一さんがキャラクターデザイン、神前暁さんが音楽を担当することも発表された。

 種崎さんは「AIに……歌に……『私が、私を滅ぼす物語』……と、オリジナルテレビアニメということでまだまだ謎だらけかと思いますが、PVやCONCEPT TRAILERなどなど見つつ、放送まで楽しみにお待ちいただけましたら幸いです! どうぞよろしくお願いいたします!」とコメント。

 福山さんは「現状、皆様に何を提示してよく、何を秘密にしていいのかすら分からない状況、だってオリジナルアニメですから。私演じますマツモトは物語を通して皆様のいろいろな感情を刺激するのではないかと考えています。生身の声優としては本作品で“ある限界”にも挑戦をさせていただいております。それが何の限界なのかも込みで、ぜひぜひオンエアを楽しみに待っていただけますと幸いです!!」と話している。

 同作は、人気ライトノベル「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の長月達平さん、アニメ「リゼロ」の脚本を手がけた梅原英司さんがシリーズ構成、脚本を担当する。キャッチコピーは「<私>を滅ぼす物語」。4月3日からTOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送される。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:エザキシンペイ▽助監督:久保雄介▽シリーズ構成・脚本:長月達平、梅原英司▽キャラクター原案:loundraw(FLAT STUDIO)▽キャラクターデザイン:高橋裕一▽サブキャラクターデザイン:三木俊明▽メカデザイン:胡拓磨▽総作画監督:高橋裕一、胡拓磨▽美術監督:竹田悠介(bamboo)▽美術設定:金平和茂▽色彩設計:辻田邦夫▽3Dディレクター:堀江弘昌▽撮影監督:野澤圭輔(グラフィニカ)▽編集:齋藤朱里(三嶋編集室)▽音響監督:明田川仁▽音楽:神前暁(MONACA)▽アニメーション制作:WIT STUDIO

 ◇キャスト(敬称略)

 ヴィヴィ:種崎敦美▽マツモト:福山潤

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る