板垣李光人:吉川愛とドラマ初主演で“ジェンダーレス男子”役 「おじカワ」スタッフが再集結

連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供
1 / 2
連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」でダブル主演を務める吉川愛さん(左)と板垣李光人さん=読売テレビ提供

 女優の吉川愛さんと俳優の板垣李光人さんが、4月1日スタートの連続ドラマ「カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)でダブル主演を務めることが3月2日、分かった。2人はいずれもドラマ初主演となる。

 マンガ誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の、ためこうさんのコミック「ジェンダーレス男子に愛されています。」が原作。仕事熱心だが自分自身には手を抜きがちな等身大の女性と、メークとファッションを自由に楽しむ男性の恋模様を描く。

 美しいものが大好きだけど、仕事に夢中になるあまり自分自身のおしゃれは二の次になっているマンガ誌の編集者・町田和子(わこ)を吉川さん、メークも完璧なファッションショップ店員・相馬周(めぐる)を板垣さんが演じる。

 ドラマの脚本は坪田文さん、監督は熊坂出さんが務め、昨年夏に放送された「おじさんはカワイイものがお好き。」を手掛けたスタッフが再集結。また、2017年から始まった「木曜ドラマF」枠が、今期から「モクドラF」に名称変更することも発表された。

 吉川さん、板垣さんのコメントは以下の通り。 

 ◇吉川愛さんのコメント

 ――今回、連続ドラマの主演が決まられた時のご感想をお願いします。

 主演をやらせていただけると聞いて、すごく光栄でうれしかったです。至らないところは多々あると思いますが楽しく撮影できればいいなと思います!

 ――吉川さんが演じられる「わこ」の役どころについて教えてください。

 わこちゃんは自分のことより好きなことに全力で夢中になってしまう猪突猛進で、かっこいい部分と不器用で可愛い部分がある女の子です。

 ――ご共演される板垣さんのご印象について教えてください。

 初めてお会いした時に髪型、服装や、爪の先まできれいでこんなきれいな男性がいらっしゃるんだとびっくりしました。まだきちんとお話ししたことがないのですがコスメ好きとお伺いしたので撮影現場でもコスメのお話などできたらと思います!

 ――みどころやお意気込みなど、視聴者の方にメッセージをお願いします。

 人には思い込みや偏見で、傷付いたり思い悩んだりすることがあると思います。そんな時にこの作品を見ていただきたいです。この作品を見ればいろいろな考え方を持てたり、前向きな気持ちになれると思うので、1人でも多くの方に見てほしいです!

 ◇板垣李光人さんのコメント

 ――今回、連続ドラマの主演が決まられた時のご感想をお願いします。

 自分自身、今回初めて主演という立場を経験させていただけるということで、うれしさと不安とを感じています。ですがいつも通り、真摯(しんし)に愛をもって、楽しく作品と向き合っていけたらと思います。

 ――板垣さんが演じられる「めぐる」の役どころについて教えてください。

 高校時代、わこちゃんと出会って自由にファッションやメークを楽しむようになりました。わこちゃんのことを思い、自分の考える美しさというものに対してひたすら努力をする、まっすぐな子です。

 ――ご共演される吉川さんのご印象について教えてください。

 吉川さん自身もオタクだということで、わこちゃんのそういう部分の表現にすごくリアリティーを感じました。僕もオタクなので、推しを前にした時のお芝居をみて「わかる……」と心の中で激しくうなずいていました……。

 ――みどころやお意気込みなど、視聴者の方にメッセージをお願いします。

 原作のもつ、キラキラとした尊い空間を吉川さんはじめとしたすてきなキャストの皆さんとつくっていけたらと思います。ぜひ、木曜の夜にカラフルでラブにあふれた世界をお楽しみください!

写真を見る全 2 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る