呪術廻戦:第21話「呪術甲子園」 五条悟封印の準備 交流会はなぜか野球で決着

1 / 11

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の第21話「呪術甲子園」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で3月5日深夜に放送される。

 五条悟が、圧倒的な強さで花御(はなみ)を退ける。瀕死の花御と合流した真人は、特級呪物の両面宿儺の指と呪胎九相図1~3番を強奪。10月31日に決行する五条悟封印の準備を着実に進めていた。一方、高専サイドは、真人らの目的を明らかにできない。被害を鑑み、そのまま交流会も中止となりかけるが、なぜか野球で決着をつけることになる。姉妹交流会2日目、野球戦が始まる。

 「呪術廻戦」は、強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。原作は、2018年から「週刊少年ジャンプ」で連載中。

写真を見る全 11 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る