西垣匠:「東宝芸能」期待の新人俳優は「ミスター慶應」 「いつか映画の主演として活躍できる俳優に」

「東宝芸能」の新人俳優・西垣匠さん
1 / 5
「東宝芸能」の新人俳優・西垣匠さん

 上白石萌音さん、萌歌さん姉妹や、浜辺美波さん、福本莉子さんら期待の若手女優を多数擁する「東宝芸能」から今年、一人の俳優がデビューを果たした。石川県出身の21歳で、現役の慶應大学生の西垣匠さんだ。小学生の頃に始めたフェンシングではユース年代の日本代表まで上り詰めた経験を持ち、2019年の「ミスター慶應」コンテストではグランプリを獲得。演技のレッスンを経て、昨年12月に同事務所に所属が決まると、今年1~2月にMBSで放送された連続ドラマ「夢中さ、きみに。」にゲスト出演し、俳優として新たな一歩を踏み出した。「5年以内には、日本アカデミー賞の新人俳優賞を取りたいと思っています」と意気込む西垣さんに話を聞いた。

 ◇

 西垣さんは1999年5月26日生まれ。身長178センチ。「東宝芸能=女優」というイメージを良い意味で変える、“大型新人”として期待を集めている。特技はもちろん、日本代表も経験したフェンシング。一方で、母親の影響で子供の頃から映画が好きで、「トビー・マグワイアさんが主演した『スパイダーマン』がすごく好きで、ヒーローに憧れを持っていました。ただ、自分が『作品に出る』というよりは、裏方でもいいから『関わりたい』というふうには思っていて。映画監督を夢見たこともあります」と振り返る。

 「ミスター慶應」コンテストに出場したのは大学2年生のとき。大学進学を機にフェンシングを辞め、将来「芸能界に入ること」を漠然と思い描くようになった西垣さんにとって、同コンテストでグランプリを獲得したことは自信にもなった。

 「(グランプリを獲得して)率直にすごくうれしかったです。フェンシングのランキングでも、勉強でも、今まで自分の人生の中で『1番』になれたことって実はなくて。初めて『1位』になれて本当にうれしいなって思えたのが、ミスター慶應のコンテスト。当時19歳で、芸能界に進むなら『最後のチャレンジの機会』とも思っていたし、友達の後押しもあって、コンテストに出場したら、グランプリをいただくことができて。『もしかしたら自分も出る側に、裏方じゃなくて表舞台に立つ方もできるんじゃないか』と自信がつきました」と明かす。

 もちろん、「ミスター慶應」でグランプリを獲得したからと言って、すぐに芸能界デビューの道が開けたわけではない。西垣さんも「芸能界を目指すのに『ミスター慶應』という肩書が武器にはなるとは思いましたが、だからと言って、これで何かが変わるわけでもないですし、ここからまた、一からのスタートという気持ちで頑張ろうと思っていました」と当時の心境を告白。その上で「コンテストの最後のスピーチのときに、本当にたくさんの方が見にきてくれて。不思議と緊張よりも『楽しいな』という気持ちが勝って。人前に出ることの楽しさに改めて気づけたというのも大きかったです」と語った。

 ◇

 ドラマ「夢中さ、きみに。」第5話でいじめっ子の高校生を演じ、続けてMBSの連続ドラマ「西荻窪 三ツ星洋酒堂」にも出演。さらに、4人組バンド「SEKAI NO OWARI」の「YOKOHAMA blues」のミュージックビデオにもメインキャストで起用され、アパレルメーカー「マークスタイラー」のライフスタイルブランド「COTORICA.」のメンズモデルにも抜てきと、期待通りに活躍の場を広げつつある西垣さん。

 自身の性格については「負けず嫌いはすごくあると思う」と話していて、「フェンシングをやっていたときからそうなんですけど、その負けず嫌いが、いまだに抜けずにいて。本当に悔しいと思ったら、自分が納得いくまで突き詰めてやるタイプです」と自己分析。涙もろい「感動屋さん」の面もあるらしく、「映画とか歌とか、感動してすぐ泣いちゃいます。すごく泣き虫なので」と照れ笑いを浮かべる。

 そんな西垣さんが現在“納得いくまで突き詰めたい”ものが演技だ。「もちろん今はできないことの方が多いのですが、時々『ハマる』ときがあって……。そのときは本当に不思議な、自分が自分じゃないような感覚で、気持ちも高ぶりますし、その感覚は、普通に生きていて味わえないものだと思うので、『お芝居って面白いな』ってなります」と語る。

 また、憧れの俳優には「岡田将生さん」の名前を挙げる。「王道もこなせる上に、三枚目といいますか。ちょっと嫌な人、だけどそこまで憎めないというキャラクターを演じる姿がすてきで、理想の俳優さんです」と憧れを口にする。「僕も三枚目というか、憎めないキャラをやってみたいですし、あとはサイコパスとかも。映画や本も、ジャンルで言うと『イヤミス』のような、バッドエンドのものが好きなので、そういう人間の暗部が描かれた作品に出てみたいです」と目を輝かせる。

 さらに「5年以内には、日本アカデミー賞で新人俳優賞を取りたいと思っています」と目標を定めると、「あとは、せっかく東宝芸能さんに入ったので、いつか映画の主演として活躍できるくらいの俳優にはなりたいなと思っています」と意気込んでいた。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る