大豆田とわ子と三人の元夫:松たか子&元夫たちの会話、名言に視聴者「坂元裕二ワールド全開!」 ドラマ「カルテット」連想の声も

連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話のワンシーン=カンテレ提供
1 / 1
連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第1話のワンシーン=カンテレ提供

 女優の松たか子さん主演の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)の第1話が4月13日、15分拡大で放送された。本作は連続ドラマ「東京ラブストーリー」「Mother」「最高の離婚」「カルテット」や、映画「花束みたいな恋をした」などの坂元裕二さんが脚本を担当するオリジナル作品。松さん演じる主人公・大豆田とわ子らキャラクターたちによるリズミカルな会話劇が展開し、SNSでは「坂元裕二ワールド全開!」「最高に面白いドラマ!」「リピート確定案件!」といった声が多数上がり、盛り上がりを見せた。

 物語は“バツ3”子持ち社長のとわ子が、3人の元夫に振り回されながら、日々奮闘する姿を描くロマンチックコメディーを描く。3人の元夫は岡田将生さん、「東京03」の角田晃広さん、松田龍平さんが演じている。

 第1話では、とわ子の亡き母のパソコンに「初めて飼ったペットの名前は?」というパスワードが設定されていて、3人の元夫のうちの誰かが設定したと判明する。とわ子は元夫たちに会い、パスワードを教えてもらおうとする。このパスワード確認を機に、互いに接点を持ち始めた元夫3人が、ひょんなことから集まり、とわ子を巡って話し合いを始める……という展開だった。

 劇中では、中には、とわ子の「優しいっていうのは頭が良いことでしょ。頭が良いって事は優しい」、八作(松田さん)の「付き合うっていうのは決めるものじゃなくて、気が付いたら付き合っているものなんじゃない?」、とわ子の親友の綿来かごめ(市川実日子さん)の「離婚っていうのは自分の人生にうそをつかなかった証拠だよ」といったせりふもあり、視聴者からは「せりふの一つ一つが刺さる!」「名言すぎる!」「名言が連発!」といった声も上がった。

 また、視聴者からは「せりふ回しがカルテット!」「ドラマ見てて、カルテット見たくなった」「カルテットのノリが好きだったから、今回も最高!」と、松さんと松田さんが出演し、坂元さんが脚本を担当したドラマ「カルテット」を連想する声も上がっていた。

 女優の伊藤沙莉さんがナレーションを担当したことが放送でサプライズ発表された。「おしゃれなパン屋にジャージーで入る大豆田とわ子」「お祝いしてる最中に口内炎ができていることに気付いた大豆田とわ子」などと、キャラクターのディテールを補足する伊藤さんのナレーションに「面白い」「印象に残る」「最高!」といった反響も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る