Aimer:オリジナルアニメ「夜の国」に「忘れたくない夢を見ているよう」 諏訪部順一は「思わず涙」

「夜の国」第1夜のカット
1 / 13
「夜の国」第1夜のカット

 「夜桜四重奏~ハナノウタ~」などのりょーちもさんが監督を務め、歌手のAimer(エメ)さんが主題歌を担当するオリジナルアニメ「夜の国」の第1夜「-22時の案内人-」が、4月16日にAimerさんの公式YouTubeチャンネルで公開された。Aimerさんは第1夜を見て「どこまでも温かくて心地いい、忘れたくない夢を見ているような時間でした」とコメントを寄せた。

 第1夜は、愛犬を亡くし、感情を出せなくなった少女・千夜が、眠れずにいたある晩、見知らぬ世界へ迷い込み、「ヨル」と名乗る不思議な存在と出会うことになる。Aimerさんは、「『真っ暗な夜はあなたのためにあるのです』、ヨルのこの言葉がとても好きです。一人一人の夜が怖くて恐ろしいだけでなく、誰にも侵されない、星をともすこともできる、大切な闇であってほしいと願います。自分の心の中にもまだ夜の国が存在してくれるのなら、なくさないようにありたいです」と話している。

 ヨル役の諏訪部順一さんは「第1夜は少女の物語なのですが、自身の経験にも重ねるところがあり、心を強く動かされました。完成品を見た時、思わず涙してしまったというのはここだけの話ということで。優しく穏やかな気持ちになりました」とコメントを寄せている。

 千夜役の久野美咲さんは、収録を振り返り、「一番最初に一人での収録で、監督と二人で何度も話し合いしながら丁寧に録(と)っていきました。監督は、私のお芝居を隅から隅まで受け取って、感じたことを真っすぐに伝えてくださいました。温かい心のキャッチボールをしながら千夜を創り上げることができて、とても幸せな時間でした」と話している。

 「夜の国」は、りょーちもさんが監督を務め、Aimerさんが主題歌を担当するオリジナルアニメプロジェクト。短編アニメがYouTubeで公開される。studio daisyが制作。Aimerさんは、第1夜の主題歌として楽曲「トリル」を制作した。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る