美 少年・浮所飛貴:板垣瑞生の胸ぐらつかむ! 「またいつかライバル役を演じたい」 「胸きみ」一触即発の場面写真

映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会
1 / 4
映画「胸が鳴るのは君のせい」の場面写真(C)2021 紺野りさ・小学館/「胸が鳴るのは君のせい」製作委員会

 ジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さんが主演を務める映画「胸が鳴るのは君のせい(胸きみ)」(高橋洋人監督、6月4日公開)から、新たな場面写真が4月20日、公開された。有馬隼人(浮所さん)がライバルの長谷部泰広(板垣瑞生さん)の胸ぐらをつかむ、一触即発のシーンが写し出されている。

 本シーンは張り詰めた空気の中で撮影されたが、カットがかかると空気は一変し、浮所さんと板垣さんは互いの顔の近さに笑いが止まらなくなっていたという。

 2人は今作が初共演ながらも、それぞれ「ウッキー」「ミッキー」と呼び合うなど、距離を縮めていった。浮所さんは「瑞生とは、またいつかライバル役をしたいねって話しました」と裏話を披露。板垣さんは浮所さんについて「想像以上に明るくて天然でおもしろい!」と話し、「お芝居もピュアで真っすぐで、一緒に演じていてとても楽しい」と語った。

 併せて、有馬に思いを寄せる篠原つかさ(白石聖さん)と、有馬の元カノ・長谷部麻友(原菜乃華さん)の場面写真も公開された。写真にはつかさが麻友から「隼人くんともう一度付き合いたい」と打ち明けられ、複雑な表情を浮かべるシーンが収められている。

 原さんは劇中で、つかさに対して見定めるような目つきをしたり、かぶせるように発言したりと、ライバル役を見事に表現。その演技力に、浮所さんや板垣さんも「すげー!」と舌を巻いていたという。

 映画は、2012~2014年に少女マンガ誌「ベツコミ」(小学館)で連載された紺野りささんのマンガが原作。高校生・有馬隼人と、隼人をいちずに思い続ける篠原つかさの、親友のように仲が良い友達同士の片思いが描かれる、甘酸っぱくも切ないラブストーリー。

写真を見る全 4 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る