るろうに剣心:剣心が巴に斬りかかる! 桂小五郎、沖田総司、斎藤一も 「最終章 The Beginning」場面写真を解禁

「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の場面写真 (C)和月伸宏/集英社(C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会
1 / 9
「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の場面写真 (C)和月伸宏/集英社(C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」製作委員会

 和月伸宏さんの人気マンガを俳優の佐藤健さん主演で実写化した映画「るろうに剣心」(大友啓史監督)シリーズの最終章「るろうに剣心 最終章 The Beginning」(6月4日公開)の場面写真が4月20日、解禁された。剣心(佐藤さん)こと、人斬り・緋村抜刀斎の危険で美しい姿や、彼の妻となり、斬殺されるという運命をたどる有村架純さん演じる雪代巴のほか、高橋一生さん演じる桂小五郎、村上虹郎さん演じる沖田総司、江口洋介さん演じる斎藤一らの姿が収められている。

 人斬りの現場を見られ、巴を口封じのため側に置くことにした剣心。巴は素性が謎に包まれているが、人を殺めることで心をなくしそうになっていた剣心に、「大義は本当に何事にも優先するのか」を問いかけ、次第に剣心にとって大切な存在となっていく存在だ。剣心が巴に斬りかかろうとする場面写真も公開されている。

 また、“人斬り抜刀斎”が誕生するきっかけとなる長州藩志士・桂や、幕府側の浪士隊・新選組の三番隊組長だった斎藤、“真剣”を手にした抜刀斎が、新選組一番隊組長・沖田と対峙(たいじ)する姿も捉えられている。

 「るろうに剣心」は、幕末に人斬り抜刀斎として恐れられた剣心が明治維新後、不殺(ころさず)を誓った流浪人(るろうに)として、新たな時代の生き方を模索していく姿を描いた和月さんの人気マンガ。1994~1999年にマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメ化もされた。

 映画の最終章は2部作で、「るろうに剣心 最終章 The Final」が4月23日、「The Beginning」は6月4日に公開。

写真を見る全 9 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る