日向坂46出演:「声春っ!」に「DASADA」のキャラ名登場 「同じ世界線」「作品引き継がれる」反響続々

連続ドラマ「声春っ!」第3話の一場面=日本テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「声春っ!」第3話の一場面=日本テレビ提供

 アイドルグループ「日向坂46」が出演する連続ドラマ「声春っ!」(日本テレビ、水曜深夜0時59分)の第3話が5月12日深夜に放送された。同話には、2020年1月期に同局で放送された日向坂46出演のドラマ「DASADA」のキャラクター・マホぽよ(高本彩花さん)や、“せれな~で”こと高頭せれな(加藤史帆さん)の名前が登場。SNSでは、ファンが「『DASADA』と同じ世界線!?」などと盛り上がりを見せた。

 第3話では、主人公のめいこ(佐々木美玲さん)たちが通う「きらめき声優学園」校長の大俵玄米(山寺宏一さん)が、マホぽよのファンであることが判明。また、モデルデビューした草間愛理(上村ひなの)が載った雑誌をめいこらが見るシーンで、雑誌の表紙に写っていたのが、せれなだった。

 SNSではファンの「同じ世界線なの最高すぎる!」「DASADAネタあるのはうれしい」「作品が引き継がれる展開はたまらない」などの声が上がっていた。「DASADA」に引き続き、同じ脚本家の吉田恵里香さんが手がける今作。今後も「DASADA」とつながる“小ネタ”が登場するかも知れない。

 ドラマは、きらめき声優学園を舞台に、声優を目指す少女たちの夢と挑戦を描く“笑って泣ける、青春ドラマ”。2020年1月期に放送されたドラマ「DASADA」に続き、日向坂46が紡ぐ青春群像劇となる。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る