竹野内豊:石田ゆり子と15年ぶり共演に感謝「心救われた」

「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」の会見に登場した竹野内豊さん
1 / 7
「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」の会見に登場した竹野内豊さん

 俳優の竹野内豊さんが5月13日、都内で行われた主演ドラマ「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」(WOWOWプライム・WOWOWオンデマンド、土曜午後10時)の完成報告会に石田ゆり子さん、三浦貴⼤さん、片山慎三監督とともに登場。“少年犯罪の罪と罰”という重厚なテーマを扱う本作にて、石田さんと15年ぶりに共演したことについて「重たい緊迫した撮影の日もあったけど、ゆり子さんが現場にいらっしゃると男性スタッフの方々が皆…何というか現場がなごむ。すごくこう…何言ってるんだろ(笑い)」と照れながらも「(現場の雰囲気を)明るくしてくださる。私自身もこういう役を演じていて、ゆり子さんと一緒に現場の空気を共有できて、すごく心救われるものがありました」と感謝を述べた。

 竹野内さんは「もしも自分自身に長嶺さんのようなことが起こったとき、自分だったらどうしようか、と深く考えさせられる作品。大切な家族や友人が、同じようにむごいあやめられ方をしたら、きっと自分も長峰さんのような感情になるのでは」とコメント。

 普段は「役をひきずったりしない。オン・オフの切り替えはしっかりできると思っている」と自負しつつも「今回の作品は家に帰っても、重たいシーンを撮ったときは2日間くらい…ヘビーな気持ちがずっと抜けなかった。私生活でも苦しいときも正直ありました」と明かした。

 また、本作にちなんで、最近決断に迷ったエピソードを問われて「アイスクリームのコマーシャルで『今日のアイス、何にしよう?』と悩む部長役とか、(出演ドラマで)悩んで悩みまくって判決を出す裁判長の役とかやっている(笑い)。“非常に悩む男”というイメージがあると思う。若いときは悩んで、決断が一歩遅れることがあった。今は意外と直感タイプというか感覚人間なので、あまり問題解決に時間がかからない方。なるべく悩まない。最終的には直感で何でも決めていく」と答えた。

 ドラマは、WOWOW開局30周年記念作品にして、東野圭吾さんの同名小説(角川文庫)が原作。長峰重樹(竹野内さん)は妻を亡くした後、男手一つで一人娘の絵摩を高校生になるまで育ててきた。しかしある夜、絵摩がバイト先から戻らず、凄惨(せいさん)な遺体で発見される。その後、長嶺は絵摩を殺した犯人の一人アツヤを殺害してしまい、さらに主犯のカイジを追う。カイジやアツヤは、現行法上、死刑が適用されない少年たち。世論を二分する長峰の逃亡復讐劇が展開される。

 全6話で、5月15日からWOWOWプライム・WOWOWオンデマンドで放送・配信される。毎週土曜午後10時放送。第1話は無料放送(プライム)。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る