高垣彩陽:「七つの大罪」デリエリ役 「ケツから言って」「ん」への想い

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する高垣彩陽さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する高垣彩陽さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。<十戒>の一人のデリエリを演じる高垣彩陽さんは、演じる中で意識していることを「『ケツから言って』や『ん』というせりふの中に、どんな言葉と想(おも)いが集約されているのかを自分なりに解釈したいと思いながら臨んでいました」と語る。高垣さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇常に変わらなかったのはモンスピートのまなざし

 --作品やキャラクターの魅力は?

 多種多様なキャラクターたちとドラマが魅力だと感じています。デリエリは言葉少なに会話をしますが、そこに至った経緯も含め、思いやりがあるけれど不器用なところが、いとおしいところでした。モンスピートとのコンビは大好きだったので、一ファンとしてももっと見ていたかったです。

 -ー演じる中で意識していることは?

 デリエリの「ケツから言って」や「ん」というせりふの中に、どんな言葉と想いが集約されているのかを自分なりに解釈したいと思いながら臨んでいました。特にモンスピートとのやりとりでは、彼女なりの機微を大切にしていました。

 --長きにわたって演じる中で変化は?

 それこそ言葉数だったり起伏だったりインデュラ化だったり! デリエリは状況が目まぐるしく変わっていった気がします。大きく変化があったシーンでいうと、モンスピートと生活していた時と、彼を失ってエリザベスのところに行ったところが特に印象的でした。でも、常に変わらなかったのはモンスピートからの温かなまなざしだったと思います。

 ◇最終章の見どころは全部!

 --声優陣のチームワークは?

 こんなにすてきなメンバーがそろっているのに、世の中の状況的に今期はほとんど一緒に録(と)れなくなってしまい寂しかったです。全員で録っていた頃のガヤ(群衆のアドリブなど)ではさりげなく面白いことを言う先輩がいて楽しみでした! モンスピート役の津田健次郎さんとは以前舞台で共演させていただいた関係性もあり、自然にデリエリと気持ちを同じくできたように思います。感謝です。

 --「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 戦いがかなり激しいことでしょうか……。デリエリの戦闘シーンはなかなかエネルギーを使いました。特にデリエリのインデュラ化は、まさに声が枯れるまで叫んだ思い出があります。あとは、彼女の短い言葉の中にどれだけ情報量を込められるかが挑戦でした。

 --最終章の見どころは?

 もう……全部ですね!!! ここがクライマックス!というシーンが次から次へと出てきてすごいことになっていると思います。最終章なので、モンスピートとデリエリがあがいた世界の行く末を、共に見届けていただければ幸いです。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る