森高千里:まるで20代? 超ミニスカ姿でデビュー記念日にコンサート “第二のふるさと”への思いも

デビュー記念日の5月25日に栃木県の足利市民会館でコンサートを行った森高千里さん
1 / 5
デビュー記念日の5月25日に栃木県の足利市民会館でコンサートを行った森高千里さん

 歌手の森高千里さんが5月25日、栃木県の足利市民会館でコンサートを行った。この日は、森高さんのがデビュー記念日で、20代の頃のような超ミニスカート姿で登場。コンサートは昼と夜2公演で、森高さんはで約1400人のファンを前に、ヒット曲「渡良瀬橋」「私がオバさんになっても」「17 才」「気分爽快」「私の夏」など15曲ずつ、計30曲披露した。

 森高さんは、新型コロナウイルス感染防止のため、昨年から延期してきた「『この街』TOUR 2020-22」をスタートさせた。足利市は1993年のヒット曲「渡良瀬橋」の舞台で、会場となった足利市民会館は老朽化で来月閉館となるため、この日のコンサートは「さようなら 足利市民会館 ありがとう五十五年」との副題付きで開催され、「今日は私のデビュー記念日でもある ので、そんな日にステージに立っていられるのも感謝です」と森高さんは心境を明かした。

 「今日は会館に入る前に渡良瀬橋を渡って来ました」という森高さんは、「今年のコンサートツアーがここ足利市民会館でスタートできたのは本当に感慨深いです。この足利市民会館がなくなってしまうのは本当に寂しいです」と思いを伝え、「私にとって足利は第二のふるさとです。皆さんにとっても特別な場所であって欲しいな」と思いを語った。

 2019年以来となるツアーの初日を特別な会場で終えると、「皆さんに歌で元気を届けたいと思っています。配信ライブとかもやりましたが、やっぱり、皆さんの前でやるのが一番私のパワーが出る時間。皆さんに元気を届けたい」と約束。「初日を足利で迎えられたこと、忘れられないコンサートになりました。また足利でコンサートをやりたいです」と誓った。

写真を見る全 5 枚

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る