明石家さんま:元妻・大竹しのぶと息の合った掛け合い 「俺の前で家族っていう言葉を…」

劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」の完成報告会に登場した明石家さんまさん(左)と大竹しのぶさん
1 / 8
劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」の完成報告会に登場した明石家さんまさん(左)と大竹しのぶさん

 お笑いタレントの明石家さんまさんが5月26日、東京都内で行われた劇場版アニメ「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督、6月11日公開)の完成報告会に、主人公・肉子ちゃんの声を務める女優の大竹しのぶさんらと登場した。同作を企画・プロデュースしたさんまさんは、冒頭にあいさつを求められると「久々にこういう記者会見の席で。隣に大竹さんがいらっしゃる……再婚した方がいいんですかね?」とギャグを飛ばして笑いを誘う一幕も。その後も、元妻の大竹さんと息の合った掛け合いを見せて場を和ませていた。

 さんまさんは、完成間近な今作について「120点を差し上げている」と現時点での手応えを明かし、「こうなると150点にしたくなる欲が出てしまう」と意欲的にコメント。ただ、隣に立つ大竹さんが「本当に絵が美しいのと、ストーリーやちょっとした会話で心があったかくなる作品。家族で楽しめる作品だなと思いました」と感想を話すと、さんまさんは「俺の前で“家族”っていう言葉を……」とのけぞって苦笑い。それを聞いた大竹さんが「ごめんごめん、家族いないもんね」とクールに返すと、さんまさんは「前はおったんやけど……!」とリアクションし、登壇者たちを笑わせていた。

 完成報告会には木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で、モデル、フルート奏者のCocomiさん、声優の花江夏樹さん、渡辺監督も出席。主題歌「イメージの詩」の歌唱を担当した子役・稲垣来泉さんも登場した。
 
 「漁港の肉子ちゃん」は、直木賞作家の西加奈子さんの小説が原作。漁港の船に住む母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描く。アニメは「海獣の子供」などの渡辺さんが監督を務め、「鉄コン筋クリート」「海獣の子供」などのSTUDIO4℃が製作する。主人公・肉子ちゃんを大竹さんが演じることも話題となっている。この日のイベントで、第45回アヌシー国際アニメーション映画祭への上映が決定したことも明かされた。

写真を見る全 8 枚

映画 最新記事