中田譲治:「七つの大罪」キューザック役 ゼルドリスへの想いを

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する中田譲治さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する中田譲治さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。最上位魔神のキューザック役の中田譲治さんは「ゼルドリスへの想(おも)いが伝われば」と演じる中で意識しているという。中田さんに同作、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇最上位魔神としての強さ、余裕

 --作品やキャラクターの魅力は?

 長大、壮大な王道ファンタジー、登場人物が個性的で敵味方含めてしっかり描かれているし、展開の早さで飽きさせないなあと。もちろん、魔力を駆使したバトルシーンも見どころの一つでしょう。キューザックも髪の色や髭がとても個性的ですし、あのマーリンをして「極めて強く、極めて速く、極めて堅い」と言わしめる力を持ちながらゼルドリスに忠誠を尽くすところも好きです。

 --演じる中で意識していることは?

 単なるかませ犬に終わらぬよう、最上位魔神としての強さ、余裕、泰然、ひょうひょうとした存在感とゼルドリスへの想いが伝わればよいなと思いながら演じました。

 --演じる中で変化は?

 師として臣下としてゼルドリスに対しての評価、信頼がどんどん増していく気がしました。

 ◇皆さんのスピードに乗り遅れないよう必死

 --声優陣のチームワークは?

 演者も多く、個性的な方たちなので現場で聞きながら感心していました。また、梶(裕貴)さんの人柄で突っ込んだり真面目に演ったりとチームワークもいい感じでした。

 --「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 日常的な場面と戦闘シーンの切り替えでしょうか? 皆さんのスピードに乗り遅れないよう必死でした(笑い)。

 --最終章の見どころは?

 いろいろな秘密が明らかになっていき、えっ!?と言う熱い展開が続きますが、原作をお読みの方はご存じの通り、魔神王との戦いにつながっていきます。最後までどうぞお見逃しなく!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る