ゴジラ S.P <シンギュラポイント>:第11話「りふじんながくふ」 ゴジラ打倒 ジェットジャガーが東京に

「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」の第11話「りふじんながくふ」の一場面(C)2020 TOHO CO.,LTD.
1 / 8
「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」の第11話「りふじんながくふ」の一場面(C)2020 TOHO CO.,LTD.

 怪獣映画「ゴジラ」の完全新作テレビアニメシリーズ「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」の第11話「りふじんながくふ」が6月10日、TOKYO MX、BS11ほかで放送される。

 葦原博士の残した資料をたどり、ミサキオクに向かった有川ユンと加藤侍は意外な人物と遭遇する。一方、インドのウパラでベイラ・バーン(BB)に案内され、ティルダ、超時間計算機と対面した神野銘は、開かれた防御壁の最奥に存在する“特異点”を目指す。いよいよゴジラ打倒のためにユン、侍、おやっさんはジェットジャガーと共に東京に向かう。しかし、ジェットジャガーが強制再起動とアップデートを繰り返す。

 「ゴジラ S.P <シンギュラポイント>」は、大学院生の神野銘、技術者の有川ユンが人類に訪れる未曽有の脅威に、周囲の人間たちと共に挑む。「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」などの高橋敦史さんが監督を務め、芥川賞作家の円城塔さんがシリーズ構成、脚本を担当。手描きアニメとCGのハイブリッドで、「僕のヒーローアカデミア」などのボンズ、「宝石の国」などのオレンジが制作する。Netflixでも配信中。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る