映画興行成績:「るろうに剣心」最終章2部作がワンツー 「賭ケグルイ」は8位発進

映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のビジュアル(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
1 / 1
映画「るろうに剣心 最終章 The Beginning」のビジュアル(C)和月伸宏/集英社 (C)2020 映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会

 6月7日に発表された5、6日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、和月伸宏さんの人気マンガを俳優の佐藤健さん主演で実写化した映画「るろうに剣心」(大友啓史監督)シリーズの最終章2部作の第2弾「るろうに剣心 最終章 The Beginning」が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約24万7600人を動員し、興行収入は約3億6300万円を記録。4日の公開初日から3日間の累計では動員35万人、興行収入5億円を突破する好スタートを切った。2位には、第1弾「るろうに剣心 最終章 The Final」がランクインし、2部作がワンツーフィニッシュした。

 初登場作品では、女優の浜辺美波さんが主演する実写「賭ケグルイ」シリーズの新作映画「映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督)が8位に登場。紺野りささんの人気マンガをジャニーズJr.の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴(うきしょ・ひだか)さん主演で実写映画化した「胸が鳴るのは君のせい」(高橋洋人監督)が9位にランクインした。

 累計では、3位の「名探偵コナン 緋色(ひいろ)の弾丸」(永岡智佳監督)が動員483万人、興行収入67億円、4位の「地獄の花園」(関和亮監督)が動員37万人、興行収入5億円を突破している。

 1位 るろうに剣心 最終章 The Beginning
 2位 るろうに剣心 最終章 The Final
 3位 名探偵コナン 緋色の弾丸
 4位 地獄の花園
 5位 美しき誘惑 現代の「画皮」
 6位 いのちの停車場
 7位 クルエラ
 8位 映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット
 9位 胸が鳴るのは君のせい
 10位 劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 後編 Paladin;Agateram

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る