ウルトラマントリガー:GUTS-SELECTのメンバーにメトロン星人マルゥル M・A・Oが声優に

「ウルトラマントリガー」に登場するメトロン星人・マルゥル(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京
1 / 10
「ウルトラマントリガー」に登場するメトロン星人・マルゥル(C)円谷プロ(C)ウルトラマントリガー製作委員会・テレビ東京

 特撮ドラマ「ウルトラマン」シリーズの新作「ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA」に登場するエキスパートチーム「GUTS-SELECT」のメンバーとしてメトロン星人のマルゥルが登場することが6月10日、分かった。M・A・Oさんがマルゥルの声優を務めることも発表された。マルゥルは、GUTS-SELECTが怪獣と戦う際に隊員たちにヒントをくれる怪獣博士。毒舌だが憎めないキャラクターという。

 M・A・Oさんは、スーパー戦隊シリーズの「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011年2月~2012年2月)に女優・市道真央名義で出演しており、ゴーカイイエロー(ルカ・ミルフィ)を演じた。「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017年2月~2018年2月)ではワシピンク(ラプター283)、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019年3月~2020年3月)では騎士竜チビガルーの声優を担当。「仮面ライダー」シリーズでも「仮面ライダーゼロワン」(2019年9月~2020年8月)で、人工知能(AI)のアイちゃんの声優を務めた。「ウルトラマントリガー」の出演で、スーパー戦隊、仮面ライダー、ウルトラマンという三つの特撮ドラマシリーズに出演を果たすことになった。

 「ウルトラマントリガー」は、1996~97年に放送された「ウルトラマンティガ」の「“真髄”を継ぐもの」として企画。超古代の光の巨人伝説というコンセプトや シリーズ史上初めて描かれたウルトラヒーローのタイプチェンジなど「ティガ」の原点を踏襲し、「令和版ウルトラマンティガ」を目指す。

 3000万年前、闇の力との戦いの末、悠久の眠りについていた光の巨人・ウルトラマントリガーが、光を継ぐ主人公・マナカ ケンゴと一体化し、地球の未来のため再び怪獣災害や闇の力に立ち向かう姿を描く。ボーイズグループ「祭nine.」のリーダー・寺坂さんがマナカ ケンゴを演じる。坂本さんが監督を務める。7月10日から毎週土曜午前9時にテレビ東京系で放送。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る