ザ・ファブル:第2部が7月スタート 1年8カ月ぶり新シリーズ

「ザ・ファブル」のイラスト=講談社提供
1 / 2
「ザ・ファブル」のイラスト=講談社提供

 実写映画も人気の南勝久さんのマンガ「ザ・ファブル」の第2部「ザ・ファブル The second contact」が、7月19日発売の連載誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第34号でスタートすることが分かった。2019年11月の第1部終了から約1年8カ月ぶりの新シリーズとなる。6月14日発売の同誌第29号で発表された。

 「ザ・ファブル」は、「週刊ヤングマガジン」で2014年に連載を開始。天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる通称ファブルが、ボスから「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る」という指令を与えられ、佐藤アキラという偽名で普通の生活を始める……というストーリー。

 人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の実写映画第1弾が、2019年に公開された。続編「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」が6月18日に公開される。

写真を見る全 2 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る