アニメ1週間:「宇宙戦艦ヤマト2205」前章が10月8日上映 「閃光のハサウェイ」初日興収1.9億円

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の一場面(C)創通・サンライズ
1 / 1
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の一場面(C)創通・サンライズ

 1週間のアニメのニュースをまとめて紹介する「アニメ1週間」。今回(6月6~12日)は、「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」が10月8日に上映されるニュースや「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」(村瀬修功監督)が公開された話題などが注目された。

 6月6日、人気アニメ「おそ松さん」の6周年を記念し、新作アニメが制作され、劇場上映されることが明らかになった。新作アニメ第1弾が2022年、第2弾が2023年に期間限定で劇場上映される。

 7日、人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作「名探偵コナン 緋色(ひいろ)の弾丸」(永岡智佳監督)の興行収入が67億円を突破したことが分かった。観客動員数は、483万人を突破した。

 8日、モルモットの車・モルカーが登場するアニメ「PUI PUI モルカー」が劇場版アニメとなり、7月22日から2週間限定で上映されることが分かった。タイトルは「とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー」で、テレビアニメ全12話を3D、MX4Dで一挙上映する。

 10日、人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(あの花)」の10周年を記念して、最終話放送日の10年後にあたる23日に新宿バルト9(東京都新宿区)で「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」が上映されることが分かった。長井龍雪監督、久川鉄道(ぽっぽ)役の近藤孝行さんによるトークショーが実施される。

 10日、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ「呪術廻戦」が、21日発売の同誌29号から“一月ほど”休載することが分かった。同誌のツイッターで「週刊少年ジャンプ29号(21日発売)より芥見先生の体調不良のため、『呪術廻戦』はしばらくの間休載させていただきます。」と発表された。

 11日、「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の有田イマリさんの「社畜さんは幼女幽霊に癒されたい。」がアニメ化されることが6月11日、分かった。アニメの詳細は、今後発表される。

 11日、人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの最新作「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の「前章 -TAKE OFF-」が10月8日に上映されることが分かった。キャッチコピーは「それでも『生きろ』と? 不安と哀(かな)しみの時代に、いま再びヤマトが飛ぶ。想像を絶する新たな宇宙へ」で、1979年に高視聴率を獲得したテレビスペシャル「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」以後の要素を一挙に結集。「ヤマトの次世代クルー」「銀河レベルでの星間戦争」を核として、徹底的な再構築に挑むという。安田賢司さんが監督を務め、福井晴敏さんがシリーズ構成、脚本を担当。サテライトが制作する。全2章。

 11日、人気アニメ「ガンダム」シリーズの劇場版アニメ「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」が公開された。初日の興行収入1億9000万円を突破。2018年に公開され、興行収入約6億7000万円を記録した「機動戦士ガンダムNT」の初日興行収入の約337%で、好スタートを切った。興行収入は20億円超えも視野に入り、「ガンダム」シリーズ史上最高の興行収入も視野に入ったという。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る