呪術廻戦:「劇場版 呪術廻戦 0」“百鬼夜行”の12月24日公開 ビジュアルに乙骨憂太 「愛と呪いの物語」

「劇場版 呪術廻戦 0」のビジュアル(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会(C)芥見下々/集英社
1 / 3
「劇場版 呪術廻戦 0」のビジュアル(C)2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会(C)芥見下々/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のアニメ「呪術廻戦」の劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」が、12月24日に公開されることが明らかになった。12月24日は、劇場版制作発表時の映像の夏油傑(げとう・すぐる)の言葉「来たる12月24日、我々は、百鬼夜行を行う。」にも登場し、同作にとって“重要な日”に劇場版が公開されることになった。新ビジュアルも公開され、少女と手をつなぐ乙骨憂太(おっこつ・ゆうた)が描かれた。「『呪術廻戦』の原点」「愛と呪いの物語」というコピーが添えられている。6月13日に開催されたイベント「じゅじゅフェス 2021」で発表された。

 劇場版は、「呪術廻戦」の前日譚にあたる原作コミックスの“0巻”の「呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校」が原作。2017年に「週刊少年ジャンプ」の増刊「ジャンプGIGA」で全4話が掲載された。主人公・虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)たちの1学年先輩の世代が登場するエピソードで、五条悟が、自身の死刑を望む高校生・乙骨憂太を都立呪術高専に転入させる。テレビアニメと同じくMAPPAが制作する。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。コミックスの累計発行部数が5000万部を突破するなど大ヒットしている。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る