ドラマ1週間:宇垣美里、「彼女はキレイだった」で女優デビュー 「ちむどんどん」に宮沢氷魚、山田裕貴ら

7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」で女優デビューする宇垣美里さん=カンテレ提供
1 / 1
7月スタートの連続ドラマ「彼女はキレイだった」で女優デビューする宇垣美里さん=カンテレ提供

 1週間の主なドラマのニュースをまとめて紹介する「ドラマ1週間」。今回(6月5~11日)は、フリーアナウンサーの宇垣美里さんが、7月6日にスタートする連続ドラマ「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系、火曜午後9時)で女優デビューする話題や、宮沢氷魚さんや山田裕貴さんらが、黒島結菜さん主演で来春放送予定の2022年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」に出演する話題などが注目を集めた。前後編で取り上げる。

 5日、宇垣さんが連続ドラマ「彼女はキレイだった」で女優デビューすることが分かった。演じるのは、ファッション誌編集部員のビューティー・エディター。宇垣さんは「ドラマはもともと好きでした。その世界にどっぷりつかれて、ほかの人生を疑似体験できますし、見ている側として楽しませていただきました。今回は女優として演じる魅力を知ることができて新鮮ですし、違う人生を演じることが楽しいです」とコメントした。

 7日、俳優の高橋克典さん主演の人気ドラマシリーズ「広域警察」(テレビ朝日系)の第10弾が、6月24日午後8時から放送されることが発表された。ドラマが放送されるのは2017年9月以来、約4年ぶり。これまで広域捜査課長の高村順一郎を演じてきた故・大杉漣さんに代わり、今作では勝村政信さんが新たな広域捜査課長・内藤勝彦として登場する。勝村さんは大杉さんとプライベートでも仲が良かったことから、今回の出演が決定したという。

 7日、俳優の松重豊さんが主演を務める人気ドラマシリーズの新作「孤独のグルメ Season9」(テレビ東京、金曜深夜0時12分)が、7月から放送されることが分かった。連続ドラマとしては、2019年10月期以来、約2年ぶりの放送となる。

 7日、俳優の佐々木蔵之介さんが、フジテレビ系“月9”ドラマ「イチケイのカラス」(月曜午後9時)の最終話にゲストとして出演することが明らかになった。竹野内豊さんが異端の刑事裁判官・入間みちお役で主演を務めるドラマで、佐々木さんは、6月14日放送の最終話で、大物議員を父に持つ衆議院議員・安斎高臣を演じる。事件の鍵を握る政界の有力者・安斎が、みちおの前に立ちはだかる。

 8日、女児向け特撮ドラマ「ガールズ×戦士シリーズ」のメインキャストで結成されたガールズ・パフォーマンスグループ「Girls2(ガールズガールズ)」が初主演を務める連続ドラマ「ガル学。~ガールズガーデン~」(テレビ東京系)が、7月7日から放送されることが発表された。

 8日、黒島結菜さん主演で来春放送予定の2022年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ちむどんどん」の新キャストが、NHKドラマの公式ツイッターで発表され、宮沢さん、山田さん、戸次重幸さん、山路和弘さん、渡辺大知さん、お笑いコンビ「ガレッジセール」の川田広樹さん、石丸謙二郎さん、前田公輝さん、きゃんひとみさん、あめくみちこさんの出演が明らかになった。

 9日、俳優の佐々木蔵之介さん主演で7月1日から放送される連続ドラマ「IP~サイバー捜査班」(テレビ朝日系、木曜午後8時)に、堀内敬子さん、吉村界人さん、中川知香さん、高畑淳子さん、杉本哲太さんが出演することが分かった。ネット犯罪に挑むエキスパート集団のメンバーを演じる

 9日、俳優の瀬戸利樹さんが、女優の比嘉愛未さん主演で7月にスタートする連続ドラマ「推しの王子様」(フジテレビ系、木曜午後10時)に出演することが分かった。瀬戸さんは特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」の鏡飛彩/仮面ライダーブレイブ役などで知られ、「仮面ライダージオウ」でウォズ/仮面ライダーウォズを演じた渡邊圭祐さんの同僚・有栖川遼を演じる。2人が共演するのは初めて。

 9日、人気グループ「Sexy Zone」が、中島健人さんと小芝風花さんがダブル主演を務める連続ドラマ「彼女はキレイだった」の主題歌を担当することが分かった。主題歌は「夏のハイドレンジア」で、シンガー・ソングライターの秦基博さんが書き下ろした夏っぽいラブソング。

 9日、俳優の工藤阿須加さんや大森南朋さん、女優の松雪泰子さんらが出演するオムニバスドラマ「初情事まであと1時間」が、MBSの「ドラマ特区」枠で7月22日深夜からスタートすることが分かった。恋人たちが初めて結ばれるまでの直前1時間を描く恋愛ドラマ。マンガ誌「月刊コミックフラッパー」(KADOKAWA)で連載されたノッツさんの同名マンガが原作。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る