超速パラヒーロー ガンディーン:つるの剛士「ヒーローを演じた僕だからこそ、にじみ出る何かがあるはず」 “ジオウ”奥野壮の父親役

「超速パラヒーロー ガンディーン」で主人公の父・森宮源を演じるつるの剛士さん (C)NHK
1 / 1
「超速パラヒーロー ガンディーン」で主人公の父・森宮源を演じるつるの剛士さん (C)NHK

 「仮面ライダージオウ」などで知られる奥野壮さんが主演するNHKの特撮ドラマ「超速パラヒーロー ガンディーン」が6月26日から3回にわたって放送される。奥野さんの父親役で、「ウルトラマンダイナ」のつるの剛士さんが出演することも話題。つるのさんは「僕は昔ヒーローを演じてたけど、今度はヒーローのお父さん役。いよいよ僕にも父親役がくるんだなーと思ったけど、かつてヒーローを演じた僕だからこそ、にじみ出る何かがあるはず」と思いを明かした。

 「超速パラヒーロー ガンディーン」のテーマは「パラスポーツ×本格特撮」。障害を抱えながらも大きな夢を持ち、パラ陸上の練習に打ち込む17歳の高校生・森宮大志(奥野さん)が、仲間が作るサポート・ギアを駆使して侵略者から地球を守る。

 「ゴジラ」シリーズに携わってきたマンガ家でデザイナーの西川伸司さんがキャラクターデザインを担当。ヒーロー「ガンディーン」は、空から落ちてきたイケメン宇宙人「グー」(林カラスさん)から授かったパワーにより、大志が特殊なプロテクターをまとって変身した姿。アラート星で技術革新が重ねられてきた植物由来のエネルギーを駆使して戦う。

 大志を上回る“ポジティブ・パパ”森宮源を演じるつるのさんは、「『こういうヒーロー、いてもいいよなー』と、実は前から思っていたんですよ。今回、NHKで特撮ドラマになるってことで、どんなふうになるのかすごく楽しみでした。ワクワクしながら現場に臨みました」と話していて、「僕が昔演じていたキャラクターがそのまま大人になって、変身する息子を応援する、みたいな。そういうところが見てくださる方に伝わればいいな、と思ってます」とも語っている。

 ドラマは6月26日、7月3日、7月10日午後6時5分にNHK総合で放送される。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る