國立幸:「七つの大罪」 アーサーに似てきた? キャス!! キャスぅぅう!!!!

「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する國立幸さん
1 / 1
「七つの大罪 憤怒の審判」に出演する國立幸さん

 テレビアニメ「七つの大罪」の最終章「七つの大罪 憤怒の審判」がテレビ東京系で毎週水曜午後5時55分、BSテレ東で毎週水曜深夜0時半に放送されている。原作は「週刊少年マガジン」(講談社)で2012~20年に連載された鈴木央(なかば)さんの人気マンガ。アーサー・ペンドラゴン役の國立幸さんは、アーサーを演じる中で「おこがましいかもしれませんが似てきたかな?と思います」と感じているという。國立さんに作品、キャラクターへの思いを聞いた。

 ◇時に自分を見ているようでいたたまれなくなり…

 --作品やキャラクターの魅力は?

 どんな人のどんなささいな言葉も聞き逃さず、あらゆることに全身で反応する人。長らく<七つの大罪>メンバーやナナシ殿に助けられていた頃は、心からありがたいと思うと同時に自分のふがいなさが際立つようで、演者としてずっとしんどかったですね。それでも虚勢ではなくひたすら快活でウソがなくて、けなげだなぁとほれぼれしています。

 --演じる中で意識していることは?

 アーサーはあらゆることに細やかに反応する人ですが、今期はとりわけ展開が目まぐるしいので、一つ一つのリアクションが流れてしまわないよう気をつけています。そして常に嘘をつかない。常にクリアに相手(他キャラ)の魅力にほれることですかね。

 --演じる中で変化は?

 おこがましいかもしれませんが似てきたかな?と思います。初めの挑発的な態度から<七つの大罪>メンバーを目の当たりにして震撼(しんかん)し、心酔する傍ら「それに比べて自分は……」と思うところ、それでも「恩師の言葉を信じる!」と奮起するところ、「そんなことより○○さん素晴らしい!」と先輩に目を輝かせるところ……。私自身はもっとアホなんですけど、時に自分を見ているようでいたたまれなくなるんですよね。

 ◇<七つの大罪>は私の憧れ!

 --声優陣のチームワークは?

 多数におよぶので<七つの大罪>メンバーに限ると、本当に原作のあの感じです。初めからずっと。家族というか兄弟みたいにいい感じでドライで、壁がなくて素晴らしいチームです。アーサーさながら「<七つの大罪>は私の憧れ」って言葉に嘘はないですね。自分より誰かを優先して考える方々ばかりです。

 -ー「七つの大罪」ならではの難しさ、挑戦は?

 原作の最終回をアニメでも迎えられるってけっこう珍しいので、難しさより貴重な経験をさせていただいてるなと思ってます。原作では胸いっぱいになったので、それをアニメでも迎えられたらいいなと。アーサーに関して言えば、全力で自分への可能性に満ちあふれたいです。彼を輝かせるため尽力したい。

 --最終章の見どころを教えてください。

 キャス!! キャスぅぅう!!!!

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る