名探偵コナン:第1010話「笑顔を消したアイドル」 食い逃げ犯は人気アイドル?

「名探偵コナン」の第1010話「笑顔を消したアイドル」の一場面(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996
1 / 5
「名探偵コナン」の第1010話「笑顔を消したアイドル」の一場面(C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

 青山剛昌さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「名探偵コナン」(読売テレビ・日本テレビ系、土曜午後6時)の第1010話「笑顔を消したアイドル」が、6月26日に放送される。

 毛利探偵事務所に、米花町の交番勤務になったという巡査・山里太志がやってくる。米花町の飲食店では、食い逃げ事件が発生しており、同じような事件がもともと勤務していた杯戸町でも起こっていたため、相談に訪れたのだ。

 食い逃げしたのは金髪のサングラス姿の女で、アイドルグループ「DDPP」の加倉井加代子に似ていたという。加倉井は、圧倒的な人気を誇りメンバーたちにねたまれていた。コナンはさまざまな情報から推理を始める。

 「名探偵コナン」は、青山さんがマンガ誌「週刊少年サンデー」(小学館)で連載している人気マンガ。小学生探偵の江戸川コナンが、次々と起こる難事件を解決する姿を描く。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る