ドラゴン桜:最終回に山下智久&新垣結衣… 卒業生“全員集合”にSNS大盛り上がり「昔のまんまで懐かしい」「私の青春」

連続ドラマ「ドラゴン桜」最終話のワンシーン(C)TBS
1 / 11
連続ドラマ「ドラゴン桜」最終話のワンシーン(C)TBS

 2005年放送の人気学園ドラマの続編で、俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「ドラゴン桜」(TBS系、日曜午後9時)の最終話が6月27日に放送された。同話には、前作で東大入学を目指す龍山高校特進クラスの生徒・矢島勇介を演じた山下智久さんがサプライズで“声出演”したほか、香坂よしの役の新垣結衣さん、奥野一郎役の中尾明慶さん、緒方英喜役の小池徹平さん、小林麻紀役の紗栄子さんがサプライズで登場。同じシーンでの共演とはならなかったが、特進クラスの面々が同話で“全員集合”を果たした格好となった。SNSでは「感動した」「胸熱!」「しゃべり方昔のまんまで懐かしい」「あの頃思い出す」「私の青春」などと、放送当時を思い返すコメントであふれかえった。

 「ドラゴン桜」は、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部さん)の下、落ちこぼれの高校生たちが東大入学を目指す物語。今年4月から放送された続編では、桜木の教え子だった水野直美(長澤まさみさん)が弁護士となり、桜木のバディーとして奮闘した。

 最終話では、桜木と水野が赴任する龍海学園の売却計画阻止に立ち向かうストーリーが展開し、矢島と香坂は2人を手助けする“助っ人”として登場。学園に香坂が訪れ、水野と「元気だった?」と言葉を交わしながら、手を取り合って再会を喜ぶシーンも描かれた。

 また、奥野はトキワ自動車のエンジニア、緒方は外資系コンサルで活躍する社会人、小林はタレントに成長。龍海学園で東大入学を目指す生徒たちに、東大入試経験者としてアドバイスとエールを贈った。

 龍山高校の“卒業生”たちの集結に、視聴者からは歓喜の声が上がり、ツイッターでは「山Pの声」「ガッキー」「小池徹平」など関連ワードがトレンド入り。今もなお、活躍し続ける顔ぶれに「改めてすごいメンバー」「豪華すぎる卒業生組」「全員スター」といった声も上がっていた。

写真を見る全 11 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る