東京リベンジャーズ:高校生トレンドランキングで首位 今流行っている物事、よく見る番組、配信の3部門制覇

「東京卍リベンジャーズ」のコミックス第1巻のカバー
1 / 24
「東京卍リベンジャーズ」のコミックス第1巻のカバー

 高校生向け広告・マーケティングを行うアイ・エヌ・ジーが実施した調査「流行と嗜好に関するアンケート調査」によると、「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガ「東京卍リベンジャーズ」が原作のテレビアニメ「東京リベンジャーズ」が、高校生の間で「今流行っている『物事』」「よく見る『テレビ番組』」「今一番好きな『動画配信サービスの作品』」の3部門で1位に選ばれた。

 調査は、6月15~21日に高校生男女200人を対象にウェブで実施。「高校生の間で今流行っている『物事』」では、「東京リベンジャーズ」が35.5%の支持を集め、1位となった。2位は、動画サービス「TikTok」で流行しているネタ「ここ舞香んちだから」(31.0%)、3位は、玩具の銃をデコレーションする「デコ銃」(30.0%)だった。

 「よく見る『テレビ番組』」では、1位が「東京リベンジャーズ」(23.0%)、2位が「ミュージックステーション」(22.0%)、3位が「水曜日のダウンタウン」(20.0%)で、人気音楽番組、バラエティー番組が上位に入る中、アニメ作品が1位となった。

 「今一番好きな『動画配信サービスの作品』」では、1位が「東京リベンジャーズ」(22.0%)、2位が公開オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」、3位が韓国ドラマ「A-TEEN」(20.0%)だった。同部門のトップ10には、「今日、好きになりました。」「恋する 週末ホームステイ」などの恋愛リアリティーショー、「SEVENTEEN」「愛の不時着」などの韓国ドラマが多くランクイン。アニメ作品では、「東京リベンジャーズ」のほか、「僕のヒーローアカデミア」が7位、「呪術廻戦」が9位にランクインした。

 「東京卍リベンジャーズ」は、「新宿スワン」などで知られる和久井健さんが「週刊少年マガジン」で2017年に連載を開始。人生どん底のダメフリーターのタケミチが、恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるためにリベンジする姿を描く。タケミチは、中学時代の恋人・ヒナタが、最凶最悪の悪党連合・東京卍會に殺されたことを知り、人生のピークだった12年前の中学時代にタイムリープする。テレビアニメがMBS、テレビ東京ほかで放送中。俳優の北村匠海さん、吉沢亮さんらが出演する実写映画が7月9日に公開されることも話題になっている。

写真を見る全 24 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る