呪術廻戦:テレビアニメ“追体験”の展覧会スタート 五条先生の等身大フィギュア 原画、絵コンテ、貴重な資料展示

展覧会「アニメーション 呪術廻戦展」のビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
1 / 7
展覧会「アニメーション 呪術廻戦展」のビジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のアニメ「呪術廻戦」の展覧会「アニメ 呪術廻戦展」が、7月2日から東京アニメセンター in DNP PLAZA SHIBUYA(東京都渋谷区)で開催される。「テレビアニメの追体験」がコンセプトの展覧会で、原画や絵コンテなど貴重な資料を展示する。人気キャラクターの五条悟の等身大フィギュアも展示される。

 同展は、開催を前後期に分け、前期はテレビアニメ第1~13話の「呪胎戴天」「幼魚と逆罰」編、後期は第14~24話の「京都姉妹校交流会」「起首雷同」編の資料などを展示する。第1話冒頭で主人公の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が拘束されていた部屋をイメージした展示、フォトスポットも設置される。会場内では、アニメの声優陣による録(と)り下ろし音声ガイドを聞くことができる。

 描き下ろしイラストを使用した缶バッジやアクリルフィギュアなどのグッズも販売する。入場特典として「東京都立呪術高等専門学校 学生証」が配布される。

 前期「呪胎戴天」「幼魚と逆罰」編が7月2日~8月1日、後期「京都姉妹校交流会」「起首雷同」編が8月6日~9月5日に開催。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。コミックスの累計発行部数が5000万部を突破するなど大ヒットしている。テレビアニメが2020年10月~2021年3月に放送された。劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」が12月24日に公開される。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る