荒川弘:「少年ガンガン」で最新作連載へ 「鋼の錬金術師」20周年で原画展も 企画続々

「鋼の錬金術師」の表紙を飾った「月刊少年ガンガン」8月号
1 / 4
「鋼の錬金術師」の表紙を飾った「月刊少年ガンガン」8月号

 人気マンガ「鋼の錬金術師」「銀の匙 Silver Spoon」などで知られる荒川弘さんの最新作の連載が、マンガ誌「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)でスタートすることが7月12日、明らかになった。同日発売の同誌8月号で発表された。詳細は、同誌、ガンガン公式サイトで今後発表される。

 「月刊少年ガンガン」8月号では、「鋼の錬金術師」が2001年7月12日の連載開始から20周年を迎えたことを記念したプロジェクトとして、特別原画展「鋼の錬金術師展 RETURNS」が東京、大阪で開催されることも発表された。2017~19年に開催された「鋼の錬金術師展」をリニューアルした展覧会で、荒川さんが描き下ろしたキービジュアルが公開された。キービジュアルは、「鋼の錬金術師」の連載予告のために描かれたモノクロイラストを、構図はそのままに新たに描き下ろされた。原画展は、12月18日~2022年1月16日に池袋・サンシャインシティ 展示ホールC(東京都豊島区)で開催。2022年春にひらかたパーク(大阪府枚方市)でも開催される。

 20周年記念プロジェクトとして、「鋼の錬金術師」の歴史を振り返る20周年記念本が制作されることも発表された。ほかにも、テレビアニメ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第1~3話が、7月16~29日にスクウェア・エニックスの公式YouTubeチャンネルで公開されるほか、マンガサイト「ガンガンONLINE」で荒川さんの読み切り作品が期間限定で公開される。7月12日午後8時から20周年を記念した特番「『鋼の錬金術師』20周年記念特番」が、YouTube Live、同誌の公式ツイッターで配信される。

 「鋼の錬金術師」は、荒川さんが2001~10年に「月刊少年ガンガン」で連載した人気マンガ。錬金術が科学のように発達した世界を舞台に、エドとアルの兄弟が、失った体を取り戻すため「賢者の石」を探す旅に出る……というストーリー。アニメ化もされ人気を博した。人気グループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介さん主演の実写映画が2017年に公開されたことも話題になった。

写真を見る全 4 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る