100万の命の上に俺は立っている:クロちゃんがゲームマスターに 「語尾が言えない…」 テレビアニメ第14話出演

「100万の命の上に俺は立っている」に声優として出演した「安田大サーカス」のクロちゃん(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会
1 / 3
「100万の命の上に俺は立っている」に声優として出演した「安田大サーカス」のクロちゃん(C)山川直輝・奈央晃徳・講談社/100万の命の上に俺は立っている製作委員会

 「別冊少年マガジン」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「100万の命の上に俺は立っている」の第2シーズンの第14話が、7月16日深夜にTOKYO MXほかで放送され、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが声優として出演した。クロちゃんは、キーキャラクターとなるゲームマスターを演じた。ゲームマスターは、登場のたびに声が変わる特殊な存在で、第14話はクロちゃんが同キャラクターを演じた。

 クロちゃんは収録を振り返り、「声優のオファーがあって、どんなキャラクターをやるのかなって思って、僕のこの声だから可愛らしいキャラクターかなーとか、格好いい男の子かなーとか、中性的な男の子かなーって思ってたら、まさかのゲームマスター?! しかも語尾をしゃべらないという……。『クロちゃんっぽくていいですよ』って言われたけど、僕的だったら『なんとかだしんっ』っていうから最後の『しんっ』が言いたいけど、語尾が言えないからそこも使えないというね……」と話している。クロちゃんのアフレコの様子を収めたメーキング映像が、YouTubeで公開されている。

 「100万の命の上に俺は立っている」は、2016年から「別冊少年マガジン」で連載中の山川直輝さん原作、奈央晃徳さん作画のマンガ。合理的で単独行動が好きな中学3年生・四谷友助がある日、ゲームのような異世界に転送される……というストーリー。既に転送されていたクラスメートの新堂衣宇、箱崎紅末と共に3人目のプレーヤーとなった四谷は、命を懸けたクエストに挑むことになる。テレビアニメ第1シーズンが2020年10~12月に放送された。第2シーズンは、TOKYO MX、MBS、BS11ほかで放送中。

写真を見る全 3 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る