谷まりあ:“出川ガール”が「ボクの殺意が恋をした」で“ミニスカ探偵”役 視聴者「雰囲気違う」「可愛い!」と反響

連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第4話にゲスト出演した谷まりあさん(右)=読売テレビ提供
1 / 1
連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」第4話にゲスト出演した谷まりあさん(右)=読売テレビ提供

 俳優の中川大志さんが主演を務める連続ドラマ「ボクの殺意が恋をした」(読売テレビ・日本テレビ系、日曜午後10時半)の第4話が7月25日に放送された。同話には、人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系、日曜午後7時58分)に“出川ガール”として出演中のモデルでタレントの谷まりあさんが七瀬くるみ役でゲスト出演した。SNSでは、「出川ガールと雰囲気違う」「途中まで気付かなかった」「可愛い!」といった声が上がっていた。

 第4話では、鳴宮美月(新木優子さん)のマンガを実写化した映画「ハリネズミ探偵ハリー」がクランクインの日を迎える。撮影現場の古い洋館で原作者の、出演者の流星とくるみの対談取材も行われる予定になっていた。そんな中、流星は、洋館に到着した美月を殺害しようと計画を実行する……という展開だった。

 谷さんが演じたくるみは、劇中劇で探偵見習いの大学生・琴音に扮(ふん)するというキャラクター。チェック柄の帽子、ピンクのジャケット、ミニスカートという格好で登場。“ぶりっ子キャラ”で美月に取り入ろうとしたり、流星に色目を使って近づこうとする、くるみを演じた谷さんに、視聴者からは「演技良かった!」「探偵っぽい衣装似合ってる」といった声も上がっていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る