TOKYO MER~走る緊急救命室~:「#佐野勇斗」トレンド入り バイクで現れた“徳丸”に「きたー!」「かっこよすぎ!」 中条あやみとの「3D彼女」コンビも話題

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS
1 / 1
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第4話のワンシーン(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さんが主演を務めるTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第4話が、7月25日に放送された。同話では、保存時間のリミットが迫る移植手術のための心臓を運ぶべく、TOKYO MERの臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗さん)がバイクで現れ、助け舟を出す場面が登場。視聴者は「徳丸くん! きたー!」「最高」「かっこよすぎ!」と盛り上がり、ツイッターでは「#佐野勇斗」がトレンド入りした。

 本作は、都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。第4話では、トンネル崩落事故が発生し、喜多見(鈴木さん)らが現場へ急行。移植手術のための心臓を運搬中の医師ががれきに埋まっていることが判明する。

 喜多見はレスキュー隊の千住幹生(要潤さん)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒さん)と共に決死の突入を試み、見事医師の救出に成功。さらに移植用の心臓も確保し、チームの弦巻比奈(中条あやみさん)と徳丸が病院まで届ける……という展開だった。

 劇中では、時間がない中で少しでも早く心臓を届けようと急ぐ比奈の元に、徳丸がバイクに乗って登場。徳丸は比奈を後ろに乗せ、「飛ばすけど心臓落とさないでくださいよ」と一言。比奈は「死んでも落とさない」と返すやり取りが描かれた。

 佐野さんと中条さんは、2018年に公開された映画「3D彼女 リアルガール」でも共演しており、SNSでは「中条あやみと佐野勇斗って3D彼女じゃん……エモい……」「3D彼女思い出してニヤニヤ」「3D彼女コンビ尊すぎる」といった声も上がった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る