なにわ男子:大橋和也、西畑大吾、藤原丈一郎が高校生に密着取材 パフォーマンス見守り「鳥肌が立ちました」

高校生たちに密着取材するなにわ男子=ABC提供
1 / 1
高校生たちに密着取材するなにわ男子=ABC提供

 8月9日に開幕する「第103回全国高等学校野球選手権大会」の“高校野球応援し隊”を務める人気グループ「なにわ男子」が、高校生たちに密着取材する様子が、8月4日のABCのニュース番組「キャスト」(月~金曜午後3時45分、関西ローカル)で放送されることが3日、分かった。

 このほど、帝塚山学院高校のダンス部と奈良県立畝傍(うねび)高校の音楽部がコラボレーションすることが決定。音楽部が、なにわ男子の担当する「2021ABC夏の高校野球応援ソング」「熱闘甲子園」テーマソングである「夢わたし」を合唱し、ダンス部がその歌声に合わせてダンスを創作、披露する。

 大橋和也さんが帝塚山学院高校、西畑大吾さんが畝傍高校を訪れ、生徒たちが練習に励む様子を密着取材。最後は、藤原丈一郎さんが見守る中、地上300メートルの高さを誇る「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)のヘリポートで両校が合唱とダンスをパフォーマンスした。完成したVTRは、番組内で放送される。

 ダンス部の踊りを見た大橋さんは「バレエみたいな美しさの中に迫力や躍動感、『強さ』がありました。『夢わたし』ってスローペースなので、それをどう表現してもらえるかな?と思っていたけど、完成度がすごかったです」と感想を述べ、合唱を聴いた西畑さんは「僕たちの楽曲が初めて合唱曲になったものを聴いてすごくすてきな皆さんのハーモニーが重なって泣きそうになりました」とコメント。

 両校のパフォーマンスを見守った藤原さんは、「普段、関西ジャニーズJr.でやるときと全然違う緊張感があって……。ジャニーズカウントダウンと同じ緊張感があります。自然と背筋がピンとなりますよね。(なにわ男子)7人でここに交ざりたいと思いました。撮影を見て、鳥肌が立ちました。撮影時間もあっという間でしたね。2校のすばらしさが伝わってきて、VTRの完成がすごく楽しみです」と語っていた。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る