TOKYO MER~走る緊急救命室~:第6話 山の遭難事故 バラバラになったメンバーが危機に!

連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話の場面写真(C)TBS
1 / 7
連続ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第6話の場面写真(C)TBS

 俳優の鈴木亮平さん主演のTBS系「日曜劇場」(日曜午後9時)枠の連続ドラマ「TOKYO MER(トウキョウ エムイーアール)~走る緊急救命室~」第6話が8月8日に放送される。

 小学生18人が山中で失踪する事件が発生。現場へ向かったTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木さん)は、子供たちを捜索して治療するため、メンバーを分散配置。これまでチーム一丸でピンチを乗り越えてきたメンバーがバラバラで闘うことに。

 音羽尚(賀来賢人さん)や弦巻比奈(中条あやみさん)は、原因不明の重症になった子供たちの処置に苦慮。喜多見は必死に対応するも、薬剤が足りない。なすすべの無い喜多見に、新たな危機が……。

 都知事の命で新設された特殊救命チーム「TOKYO MER」の活躍を描く本格医療ドラマ。映画「キングダム」や、日曜劇場の「グランメゾン東京」「危険なビーナス」などを手掛けた黒岩勉さんが脚本を担当。

写真を見る全 7 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る