i☆Ris:9年目でも“新生” 5人体制の変化 「Summer Dude」でオトナの魅力を

1 / 15

 声優アイドルユニット「i☆Ris(アイリス)」の20枚目のシングル「Summer Dude」が8月18日に発売される。3月に澁谷梓希さんが卒業し、5人体制となってから初のシングルで、夏らしく涼しげで少しセクシーな装いのメンバーが“オトナの魅力”を表現した。結成9年目ではあるが“新生”となったi☆Risに、新曲、5人体制になった変化などについて聞いた。

 ◇丈を極限まで短く 大人っぽく変身!

 --「Summer Dude」は、ジャケット、アーティスト写真などのイメージがこれまでとは違います。大人っぽくなり、露出度も高めです。

 山北早紀さん そうですよ! 大人ですから! いつもはイメージカラーが基調の“THE アイドル衣装”って感じですけど、今回は普段着寄りです。

 芹澤優さん 自分たちもしっくりきています。

 久保田未夢さん これまでは元気に!という感じでしたからね。

 茜屋日海夏さん イメージカラーじゃない色を着るのも珍しいよね。

 若井友希さん 衣装は体形に合うようにアレンジをしていただきました。私は最初、ロングスカートだったのですが、切ってもらったんです。

 山北さん 私は最初、ひみちゃん(茜屋さん)の衣装を着る予定だったんですけど、ちょっと雰囲気が違ったので、私の大好きなピンクの衣装を選びました。薄ピンクと黒の花柄です。ライブでは照明の関係で白に見えるみたいですけど、ピンクなので! スカート丈は脚を出していきたかったので、極限まで短くしてもらいました。

 茜屋さん 色も新鮮で、形も可愛いです。肩を出したのは、自分でもびっくりでした。新しさがあっていいですね。

 芹澤さん 私は緑が新鮮ですね。青が多いので。

 久保田さん 私は、最後に衣装が決まりました。みんなが寒色系だったので、私は黄色になったんです。ここまで全身黄色!というのは、普段は着ないですね。

 --曲もしっとりとしたところもあり、新鮮です。

 芹澤さん レコーディングの時に少し喉の調子がよくなくて、あまり張った声が出せなかったのですが、逆にそれが曲にハマりました。しっとりしたのが合ったみたいです。偶然なのですが。

 山北さん いつも元気系の曲が多いので、普段は声を張らないといけなかったからね。今回は等身大なんですよ。「ずっとこのままいれたらいいな」という歌詞などお姉さんなところもあって、若干いい女感を出しました。

 茜屋さん キーが全体的に低いですし。自然体で、ありのままに歌えました。

 --海で撮影したミュージックビデオ(MV)も新しいです。海外のように見えて……。

 若井さん 千葉です!

 久保田さん 海外っぽい感じだけど(笑い)。

 若井さん 撮影当時は、サマーな天気じゃなくて、曇天で風が強かったんです。でも、夏感を出そうとしていました。

 久保田さん 砂浜で踊ったのも初めてでした。脚をもっていかれちゃうんです。アイドルのMVでよく砂浜で踊っているのを見ていましたが、こんなに大変なんだ……と。

 ◇自己紹介ソングの歌詞で苦戦も

 --カップリングの「5STAR☆(仮)」は山北さんが作詞を手がけました。

 山北さん 今のi☆Risちゃんの自己紹介ソングです。5人になって再出発のCDですし、i☆Risを知らなかった人にも知っていただきたいという思いを込めました。「学校社畜育児に家事オヤジ」と歌っているのは、女性ファンを意識しています。「プリパラ」に出演させていただいたこともあって、お母さん世代のファンの方もいらっしゃるので、「育児」を入れてみました。

 --メンバーが自己紹介するパートもあります。

 山北さん みゆたん(久保田さん)が一番すぐに決まったのですが、(芹澤)優ちゃんとわかちー(若井さん)は苦戦して……。

 若井さん そうなんだ。意外!

 山北さん 優ちゃんは以前、「Seriko is NO.1」とよく言っていたけど、実は「ベランダで泣いていたりするんですよ」とラジオで言っていたり、最近はそこまで圧が強くない(笑い)。だから「無理すんな」って。(若井)友希ちゃんも元気キャラだったけど、最近は大人になりたいのかな?とも思ったり。今のメンバーそれぞれのことを考え、振り付けも想像しながら書きました。この曲を聴いて、ライブに行きたい!と思っていただけるとうれしいですね。

 --「Cheer up」は“ガールズ・ポップ・チューン”です。

 若井さん フェイクが多いのが珍しいですし、新しいです。

 芹澤さん  K-POPっぽくて、MVにも女の子の憧れが詰まっています。みんなでピンクの衣装を着たり。可愛いです!

 ◇6人の頃のi☆Risに負けたくない

 --8月1日には約2年ぶりとなる全国ライブツアー「i☆Ris 6th Live Tour 2021 ~Carnival~」が千秋楽を迎えました。5人体制となって、初のツアーでした。

 若井さん 全部が初めてみたいな気持ちでした。5人になって振り付けも変わりましたし、初心を思い出すところもありました。

 久保田さん ちょっと気を抜くと、6人の時の振りになっちゃうんです。特に昔の曲は体に染みついているので。

 茜屋さん 久しぶりのツアーでしたしね。

 ---YouTubeチャンネルが本格始動するなど、新しいことに挑戦しています。

 山北さん YouTubeは、撮影している感覚がなくて、普段通りなんですよね。

 若井さん 自分たちでゲラゲラ笑っている。

 茜屋さん サクッと見られる魅力もありますしね。

 --5人体制になり変わったことも多い?

 山北さん 5人になると知ったときは一番ごねていたけど、正直に言うと、今は慣れちゃったところもあります。客観的になって、ライブの映像を見ると、変わったな……と感じるのですが。

 若井さん 奇数になって、センターができたから、まとまりが出たという声もいただいたり。

 山北さん 9年目だけど新生ですね。

 --結成10年に向けて挑戦したいことは?

 山北さん 大きい会場でライブをやりたい! アリーナに行きたい!

 久保田さん 武道館はもう5年前ですし……。新しいファンの方は映像でしか知らないんですよ。

 若井さん 今年が勝負ですね。頑張ります!

 芹澤さん 6人の頃のi☆Risに負けたくないです。

 茜屋さん まだまだいろいろな可能性があるはずですし、新しいことにチャレンジしながら、頑張っていきたいです!

写真を見る全 15 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る