ガンダム:ガンプラくん誕生 未確認規格のランナーがキャラクターに

ガンプラくんのビジュアル(C)創通・サンライズ
1 / 13
ガンプラくんのビジュアル(C)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)の楽しさを伝えるキャラクター・ガンプラくんが誕生したことが分かった。ショートPVやグッズなどを展開する。

 ガンプラくんはある日の未明、バンダイホビーセンターの生産ラインから謎の光と共に出てきた未確認規格のランナー(プラモデルの枠)。RX-78-2 ガンダムのプラモデルであることから、自らを主役・ガンプラくんと名乗る。プラモデルとしての誇りと情熱にあふれ、世界中にプラモデルの楽しさを伝えていくことを使命に暑苦しく、うるさく稼働する。

 MS-06ザクIIモデルの未確認規格ランナーで、熱くなりすぎるガンプラくんを冷静にサポートするしっかり者のザクプラくん、シャア専用ザクIIモデルの未確認規格ランナーで、高すぎるプライドは、繊細すぎる性格を隠すためで打たれ弱いシャアザクくんも登場する。

 YouTubeのガンダムチャンネルで8月19日からショートPVを公開するほか、ガンプラの総合施設ガンダムベースで、アクリルキーチェーン(660円)を販売する。8月25日発売のファッション誌「smart」(宝島社)10月号で、ガンプラくんとザクプラくんがナビゲーターを務める新連載「初めてのガンプラ、作ってみた!!」をスタートする。9月25日発売の同誌11月号には、特別付録として新旧ガンプラパッケージアートをデザインしたポーチが付く。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る