ONE PIECE:「ニセコイ」古味直志が描くスピンオフ「ビビの冒険」 アラバスタ編の名シーン再現

8月30日発売の「週刊少年ジャンプ」39号に掲載された「ONE PIECE」のスピンオフ「ビビの冒険」の扉ページ(C)古味直志/集英社
1 / 1
8月30日発売の「週刊少年ジャンプ」39号に掲載された「ONE PIECE」のスピンオフ「ビビの冒険」の扉ページ(C)古味直志/集英社

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」に登場する人気キャラクター・ビビのスピンオフ「ビビの冒険」が、8月30日発売の「週刊少年ジャンプ」(集英社)39号に掲載された。人気マンガ「ニセコイ」で知られる古味直志さんが、ビビが活躍するアラバスタ編の名シーンを描いた。

 「ビビの冒険」は、「ONE PIECE」をさまざまな作家が“カバー”する「ONE PIECE COVER COMIC PROJECT」の一環として描かれることになった。同号の「ビビの冒険」の扉ページには、笑顔のビビを中心に、ルフィ、ゾロ、サンジら麦わらの一味が描かれた。

 「ONE PIECE」のコミックス第100巻が9月3日に発売されることを記念したプロジェクトとして、同誌39号から3号連続で人気作家が描くスピンオフ作品が掲載される。39号に掲載された古味さんの「ビビの冒険」のほか、9月6日発売の40号では、「食戟のソーマ」の原作の附田祐斗さん、作画の佐伯俊さん、監修の森崎友紀さんによる人気スピンオフ「食戟のサンジ」が掲載される。9月13日発売の41号では、「最強ジャンプ」(同)で連載中の小路壮平さんの「ワンピース学園」が出張掲載される。

 「ONE PIECE」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年・ルフィが、海賊王を目指して仲間と共に大海原を冒険する姿を描くマンガ。1997年に「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった。

 2010年3月に発売されたコミックス第57巻の初版発行部数が日本出版史上最高となる約300万部を記録。2012年8月発売の第67巻は初版約405万部で、自己記録を更新した。2015年6月には「最も多く発行された単一作者によるコミックシリーズ」のギネス世界記録に認定された。1月4日発売の「週刊少年ジャンプ」5・6合併号で連載1000話に到達した。コミックスの全世界累計発行部数は、4億9000万部を突破している。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る