新幹線変形ロボ シンカリオンZ:「エヴァ」コラボ回が9月17日放送 “碇シンジ”緒方恵美も

9月17日放送の「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」第21話に登場する碇シンジ(左)と声優を務める緒方恵美さん(C)プロジェクト シンカリオン・JR HECWK/超進化研究所Z・TX(C)カラー
1 / 5
9月17日放送の「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」第21話に登場する碇シンジ(左)と声優を務める緒方恵美さん(C)プロジェクト シンカリオン・JR HECWK/超進化研究所Z・TX(C)カラー

 新幹線がロボットに変形するテレビアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオン」の新作「新幹線変形ロボ シンカリオンZ(ゼット)」と人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズがコラボしたエピソードが、9月17日に第21話として放送されることが分かった。「シンカリオン」シリーズと「エヴァンゲリオン」シリーズがコラボするのは、2018年1月~2019年6月放送の前作「新幹線変形ロボ シンカリオン」、2019年12月に公開された劇場版「新幹線変形ロボ 未来からきた神速のALFAーX」に続き、3度目。前回までのコラボに続き、碇シンジが登場し、緒方恵美さんが声優を務めることも発表された。

 緒方さんは、「『エヴァンゲリオン』本編がひと区切りついた中で、こうしてお声がけいただいて、他の作品とコラボレーションさせていただくというのは、本当にすごいことだし、ありがたいです」とコメントを寄せている。

 コラボ回には、「エヴァンゲリオン」シリーズをモチーフにした新幹線・500 TYPE EVAが変形したシンカリオンZ 500 TYPE EVAが登場する。2020年に運行した私鉄・名古屋鉄道(名鉄)のエヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイが、武装強化車両のザイライナーのザイライナー ミュースカイ TYPE EVAとして登場し、シンカリオンZ 500 TYPE EVAとZ合体し、シンカリオンZ 500 ミュースカイ TYPE EVAとなる。

 緒方さんは、「『エヴァンゲリオン』ファンの皆さんには、また新しいエヴァの形として、今回はZ合体もしてパワーアップもするそうですので、そこも楽しんでもらえればと思います。『シンカリオン』ファンには、ちょっと変わったお兄さんと変わったシンカリオンZの活躍を楽しんでいただけるとうれしいです」と話している。

 シンカリオンZ 500 ミュースカイ TYPE EVAの玩具が、タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」の新商品「新幹線変形ロボ シンカリオンZ 500 ミュースカイ TYPE EVA」として、12月4日に発売されることも発表された。価格は9350円。

 新幹線・500 TYPE EVAは、山陽新幹線全線開業40周年を記念した「新幹線:エヴァンゲリオン プロジェクト」の一環として2015年から2018年5月まで運行した。「エヴァンゲリオン」のメカニックデザイナーの山下いくとさんがデザインを担当し、庵野秀明総監督が監修した。「シンカリオン」シリーズとコラボした玩具が発売され、「新幹線変形ロボ シンカリオン」、劇場版「新幹線変形ロボ 未来からきた神速のALFAーX」に碇シンジやシンカリオン 500 TYPE EVAが登場したことも話題になった。

 「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」は、シンカリオンZの運転士となった子供たちが、研究所員たちと力を合わせ、再び現れた巨大怪物体を迎え撃つ姿を描く。新幹線超進化研究所が新たな敵の襲来に備え、新型ロボ・シンカリオンZ、在来線から変形してシンカリオンZをパワーアップさせる新たな武装強化車両・ザイライナーを開発する。テレビ東京系で毎週金曜午後7時25分に放送。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る